世界

ドナルド・トランプは言った-アメリカ人は祈りが必要です、私はすべての祈りの場所を開いて欲しいです

コロナ

これまでコロナウイルスのペースを制御できなかったドナルドトランプ米大統領は、祈りの力でこの戦争に勝利できると感じています。おそらくこれが、すべての州の知事に早くも祈りの場を開くように求めた理由です。

ワシントン:これまでコロナウイルスのペースを制御できなかったドナルドトランプ米大統領は、祈りの力でこの戦争に勝つことができると感じています。おそらくこれが、すべての州の知事に早くも祈りの場を開くように求めた理由です。トランプはホワイトハウスでの記者会見で、「今日、私はすべての教会、シナゴーグ(ユダヤ人の祈りの場所)、モスクを不可欠なサービスを提供する不可欠な場所として特定しています」

さらに、すべての知事はこの方向に取り組む必要があり、これらの非常に重要な重要なサイトをすぐに開くことが許可されるべきであると述べました。同時に、ドナルドトランプは知事が何もしない場合、彼は決定を下さなければならないことも明らかにしました。大統領は「知事がすぐに決定を下すべきであり、彼らが何もしなければ、私は彼らに反対しなければなりません。アメリカでは、祈りは少なくなくても多く必要です

米国では、緊急サービスの決定は、連邦政府ではなく、州および地方自治体の特権です。多くの州では、コロナの発生を考慮して、宗教的な場所が閉鎖されています。グループでの祈りは禁止されています。教会は、厳格な社会的距離ルールの下で一部の地域で開かれています。しかしトランプ氏は、医療店、レストラン、スーパーマーケット、病院、診療所、酒屋など、緊急サービスに関与する他の場所と同様に、すべての祈りの場所が開かれることを望んでいます。

トランプ大統領は、「一部の知事は、酒屋や中絶クリニックは緊急の奉仕であると考えていますが、教会やその他の祈りの場所を去っています。これは正しくありません」重要なことに、コロナの時代には、中絶クリニックを開設する決定について多くの議論がありました。

参照:

Related Articles

Close