ビジネス

ヒューマノイドロボット市場の今後の展望

ロボット産業の進歩と発明の成長を考慮すると、世界が今後10年間でロボットの数が大幅に増加することは明らかです。そして、これらの中で、ヒューマノイドロボットは、他のロボットの中で最も要求が厳しく、トレンドであると見られています。これらのロボットは人間の特性を備えて開発されているため、行動と外観の両方で人間に非常に似ています。

人型ロボット市場へのCOVID-19の影響をご覧ください。ここをクリックしてアナリストと話す@ https://www.researchdive.com/connect-to-analyst/110

1ポーターのヒューマノイドロボット市場の5つの力の分析:

  • プロバイダーの交渉力:ヒューマノイドロボット市場には、中小規模のプロバイダーが集中しており、交渉力は高いと予想されます。ロボットモデルのコストは、プロバイダーごとに変化しています。しかし、ユーザーの需要の増大により、市場には大きな成長の見通しが生まれています。プロバイダーの交渉力は非常に高いです

  • 消費者の交渉力:ヒューマノイドロボット市場には膨大な数の消費者がいますが、高度なロボットに関連する価格は高くなっています。同様に、業界の垂直化のコンピュータ化への傾向は、ヒューマノイドロボットの需要を後押しすると予測されています。消費者の交渉力は高いです

  • 新規参加者のリスク: このマーカーは、ロボットモデルの製造に多額の投資を必要とします。さらに、ヒューマノイドロボットのメンテナンスに必要な高レベルのインフラストラクチャの不足は、業界の新規参加者にとって障害になると予測されています。新規参加者のリスクは低い

  • 代替品のリスク:この市場では代替品の数が少なく、ヒューマノイドロボットに大きな需要があります。代替品のリスクは低い

  • 業界の競争力:ヒューマノイドロボット業界には多数の主要メーカーが含まれています。これらの製造業者は、最もコンパクトで費用効果の高いロボットを製造するために、斬新な技術の導入、研究開発活動、新製品の発売を強調しています。これらは、主要な製造業者が流した最も頻繁な戦術です。市場での競争は激しい

スマートテクノロジーを実装して消費者の関心とエンゲージメントを高めることにより、世界中の小売セクターの強化にますます重点を置くことで、市場の成長を後押し@ https://www.researchdive.com/purchase-enquiry/110

2ヒューマノイドロボット市場の製品別セグメンテーション

  • Biped
  • ホイールドライブ

ボストンコンサルティンググループによると、ロボットは2025年までにすべての労働タスクの約25%を運ぶと予想されています。これは、成長の進展、パフォーマンスの向上、およびロボットの価格の下落が原因です。米国、韓国、日本、カナダ、英国がロボット導入の最前線に立つでしょう。主導権を握ると予想される主要なセクターは、コンピューターと電子機器です。電気器具および機器; 輸送機器; と機械。これらの産業は、近い将来、すべてのロボット設備の約75%の満足のいく記録を与えるでしょう。

ロボットモデルの技術的進歩と軍事および防衛からの需要は、ヒューマノイドロボット市場の成長に大きな投資の機会を与えています@ https://www.researchdive.com/download-sample/110

アプリケーションによる3ヒューマノイドロボット市場セグメンテーション

  • 小売
  • おもてなし
  • 健康管理
  • 軍事および防衛
  • 建設
  • その他

4なぜ人型ロボット市場は成長しているのですか?

ロボットの進歩の著しい成長は、消費者のエンゲージメントと経験を後押しし、それが今度は世界中のロボットの需要の伸びにつながっています。今日、ヒューマノイドロボットは、さまざまな業界のさまざまな分野でさまざまなタスクを実行しています。日常生活の中での個人的な支援から業界中心の仕事まで、これらのロボットはその義務を完全に守っています。さらに、ヒューマノイドロボットの技術的進歩に関する消費者の知識と意識の高まりにより、人件費の削減と生産性の向上を目的とした製造会社によるこれらのロボットの受け入れが増加しています。これらすべての前述の要因は、ヒューマノイドロボット市場の成長に大きく貢献しています。

さらに、より有能で費用対効果の高いロボットの生産のための技術開発の加速された成長は、グローバルなヒューマノイドロボット市場における成長機会のやりがいを増すことが期待されています。現在、これらのロボットは軍事や防衛などの分野でも有用であることが証明されています。これらのロボットは、敵の動きについて軍に情報を提供する戦場の情報を提供するために使用されます。これらすべてのアプリケーションとヒューマノイドロボットの使用は、今後数年間でヒューマノイドロボット産業の成長を加速させることは間違いありません。

5ヒューマノイドロボット業界の最近のハイライト

ヒューマノイドロボットは、将来の産業用ツールになる可能性を最大限に秘めています。人間のようなロボットの研究開発に様々な企業が大きな投資をしています。たとえば、ロボットソリューションの世界的リーダーであるSoftbank Roboticsは、人間のようなロボットを開発しました。これは、教育支援や医療支援として使用できます。現在、ヒューマノイドロボットは、特にコンパニオンロボットとして、ヘルスケアセクターで非常に人気を得ています。

キープレイヤー

  • HYULIM Robot Co.、Ltd
  • ハンソンロボティクス株式会社
  • エンジニアドアーツリミテッド
  • ホンダ
  • 川田ロボティクス株式会社
  • SoftBank Robotics
  • Sanbot Co
  • ロボット
  • ウィローガレージ
  • 株式会社東芝
  • Trossen Robotics
  • 株式会社第一総合研究所
  • UBTECH Robotics、Inc.

完全なレポート(TOC、図、グラフなど)にアクセスする @ https://www.researchdive.com/110/humanoid-robot-market

2014年以来、南カリフォルニア大学のMaja Matari教授はロボットと患者をペアリングしています。彼女のロボットは自閉症の子供たちを助け、2015年には、ロボットは上肢の運動で脳卒中回復の犠牲者を助けました。患者は、これらのロボットによって奨励および促進されると、運動に対する反応を改善します。

過去に、Joint Robotics Laboratoryは、HRP-2およびHRP-4ロボットモデルを開発し、マルチコンタクトロコモーションと呼ばれる新しいロボット機関車技術を採用しています。このロボットモデルは、足だけでなく、全身を使用して1か所から別の場所に移動でき、はしごを登ったり、狭い場所に入ることができました。 

6人型ロボット産業の将来の展望

ロボット産業は近年、画期的な発明を目の当たりにしており、まだまだ多くのものが到着していません。リサーチダイブのレポートによると、  ヒューマノイドロボット産業   は2026年までに36.4%という驚異的な成長率で成長すると予想されています。HYULIMRobot Co.、Ltd、HANSON ROBOTICS LTD、Engineered Arts Limited、Honda、KAWADA Robotics法人など、この業界の成長に重要な役割を果たしています。これらすべてを考慮に入れると、ヒューマノイドロボット業界が今後数年間で高まる寸前にあることは明らかです。

私たちに関しては:
Research Diveは、インドのプネーを拠点とする市場調査会社です。サービスの完全性と信頼性を維持しながら、同社は、包括的かつ正確な分析を保証する360度の調査方法によって強制される、独自のデータモデルのみに基づいたサービスを提供します。いくつかの有料データリソース、専門家の研究チーム、厳格な労働倫理への前例のないアクセスにより、同社は非常に正確で信頼性の高い洞察を提供しています。リサーチダイブは、関連するニュースリリース、政府の出版物、数十年に及ぶ貿易データ、テクニカル&ホワイトペーパーを精査して、必要なサービスを必要な時間内にクライアントに提供します。その専門知識は、ニッチ市場の調査、主要な推進要因のターゲット設定、および脅威となる障害の発見に重点を置いています。補足的に、

お問い合わせ:
Mr. Abhishek Paliwal
Research Dive
30 Wall St. 8th Floor、New York
NY 10005(P)
+ 91(788)802-9103(India)
+1(917)444-1262(US)
フリーダイヤル:+1 -888-961-4454
Eメール:support@researchdive.com
LinkedInの:  https://www.linkedin.com/company/research-dive/
ツイッター:  https://twitter.com/ResearchDive
Facebookの:  https://でwww.facebook.com/Research-Dive-1385542314927521
ブログ:https : //www.researchdive.com/blog
フォローする:  https//marketinsightinformation.blogspot.com/

Tags

Related Articles

Close