ビジネス

市場の概要、機会、拡大、地域分析、市場動向、主要企業プロファイル、企業戦略、SWOT分析、ディスプレイ誘電材料市場の成長

誘電体は電気の導体ではありませんが、静電場を効率的にサポートします。これらの材料は、電界を利用して電気エネルギーを蓄え、極度に分極させることができます。印加された電場に置かれたとき、これらの材料は電気を通過させません。しかし、誘電体の電荷は平衡位置からシフトする可能性があり、この変位は電気分極と呼ばれます。誘電体には電気双極子モーメントが永久にあります。これは、負の電荷と正の電荷を短い距離で分離できる単位です。

市場の概要、機会、拡大、地域分析、市場動向、主要企業プロファイル、企業戦略、SWOT分析、ディスプレイ誘電体材料市場の成長を明らかにする@ https://www.researchdive.com/download-sample/156

1さまざまなアプリケーションでの誘電体材料の使用

Research Diveブログによれば、誘電体材料には、極性と非極性の誘電体材料の2つのタイプがあります。多くのアプリケーションでの誘電体の使用の一部は次のとおりです。

  • 誘電体材料は、コンデンサーのエネルギー貯蔵に使用されます。
  • 高度に分極した誘電体材料は、半導体デバイスの性能を向上させるためにも使用されます。
  • 誘電体は主に、LED、LCD、OLEDなどのディスプレイアプリケーションで使用されます。
  • チタン酸バリウムストロンチウムの薄膜は誘電体であり、マイクロ波チューナブルデバイスで使用されているため、漏れ電流が低く、テナビリティが高くなっています。
  • 工業用コーティングでは、パリレンは外部環境と基材の間のバリアとして機能します。
  • 鉱油は、変圧器の誘電液体として使用され、冷却プロセスに役立ちます。

2ポーターのディスプレイ誘電材料市場向けの5つの力の分析:

  • ディーラーの交渉コマンド:ディスプレイ誘電体材料市場には膨大な数の中小企業および大企業が含まれており、製品の交換コストは高くなると予測されています。ディーラーの交渉力が高い

  • 消費者の交渉力: この市場には、製​​品に対する巨大な需要を生み出す多数の消費者がいます。しかし、高度なディスプレイ製品の価格は非常に高く、個人の一人当たりの収入の増加がディスプレイ誘電体材料の需要を支えています。消費者の交渉力が高い

COVID-19が市場に与える影響を確認してください。こちらをクリックして、アナリストと話す@ https://www.researchdive.com/connect-to-analyst/156

  • 新規出場者のリスク:ディスプレイの誘電体製品の生産には、多額の 初期資金が必要です。また、熟練労働者は、誘電体ディスプレイの製造に必要とされると上昇し、消費者の需要が生産している中等度  市場への新規参入の脅威を。
  • 代替のリスク:表示誘電体材料市場は、製品が需要のための潜在的なサポートを提供し、その結果の選択肢の最小数含まれていLOWの  選択肢のリスクを。
  • 市場での競争力: この市場には多数の大中小のプレーヤーが含まれており、これらの主要プレーヤーは合弁事業、地理的拡大、およびコラボレーションに集中して、大きな競争力を獲得しています。これらの戦略は、主要なプレーヤー間で高い競争力をもたらし  ます。

高度なディスプレイに対する需要の高まりと高度なディスプレイの特徴的な機能は、https://www.researchdive.com/purchase-enquiry/156のグローバルディスプレイ誘電体材料市場の成長を牽引する主な要因です

特別に加工された誘電体材料、エレクトレットは、磁石と同等の静電として使用されます。

3業界の最近の動向

タブレットやスマートフォンに使用されるディスプレイが通常の画面から高精細画面に進化するにつれて、誘電体材料の需要は徐々に高まっています。TFTスクリーンからOLEDディスプレイへの移行は、誘電体材料がディスプレイ業界で果たしている主な役割を明確に示しています。研究、技術革新、およびディスプレイと材料の製造プロセスは、すべて一緒になって、ディスプレイ誘電材料市場の成長を加速させてきました。

2019年8月、Koja(Cayman)Co. Ltd.とRohinni LLCの合弁会社であるLuumiiは、ロゴ照明とコンピューターキーボードのバックライト用のミニおよびマイクロLEDベースのソリューションの量産を発表しました。現在、蘇州の製造施設でのLuumiiの生産高は、月産約4万台です。同社は現在、年末までに月産10万台を目標としている。

サムスンの166インチマイクロLEDディスプレイであるウォールは、2018年のCESで実演されました。2018年7月、同社は4K搭載のマイクロLEDテレビを2019年に消費者市場に発表する計画を発表しました。2019年10月以降、ザウォールの出荷贅沢が始まりました。

4技術によるディスプレイ誘電材料市場のセグメンテーション

  • LCD
  • 導いた
  • あなたは
  • TFT-LCD
  • LCOS
  • DLP
  • 表示
  • プラズマ

5 用途別の誘電材料市場のセグメンテーション

  • トランスペアレント
  • 従来の
  • 3D
  • 柔軟なディスプレイ

主要企業のプロファイル

  • LG Chem
  • コーニング
  • ユニバーサルディスプレイ
  • Asahi India Glass Limited
  • デュポン
  • ディック株式会社
  • JSR株式会社
  • サムスンSDI CO。、LTD。
  • 住友化学株式会社
  • NITTO DENKO CORPORATION
  • メルクKGaK
  • Idemitsu Kosan Co.,Ltd
  • 東レ株式会社
  • 保土ケ谷ケミカル株式会社

6予測分析ディスプレイ誘電材料市場

グローバルディスプレイ誘電体材料市場は、予測期間中にプラスの成長を目撃すると推定されています。Quantum Dot LCSディスプレイとOLEDの採用の急速な成長は、2019年から2026年までのグローバル市場の需要を牽引すると予想されます。さらに、誘電体ディスプレイの継続的な技術進歩も、今後数年間の市場の成長を後押しすると予測されています。ただし、原料の価格と高度なディスプレイのコストは、ディスプレイ誘電体材料市場の成長を制限する主要な要因と見なされます。

完全なレポート(TOC、図、グラフなど)に アクセスする@ https://www.researchdive.com/156/display-dielectric-materials-market

特徴的な機能と高度なディスプレイに対する需要の高まりは、近い将来のグローバル市場の成長を促進する重要な要素です。Research Diveレポートの統計によると、世界のディスプレイ誘電体材料市場は2026年末までに最大で88,004.9百万ドルに達する可能性があります。地理的には、アジア太平洋の免税小売市場は、多数の製造施設の存在により業界を支配する可能性があります中国やインドを含む発展途上国で。さらに、レポートは、グローバルディスプレイ誘電体材料業界での市場規模を拡大するために、R&D活動と製品開発により重点を置いているグローバル業界で活動する著名なプレーヤーを紹介しています。

私たちに関しては:
Research Diveは、インドのプネーを拠点とする市場調査会社です。サービスの完全性と信頼性を維持しながら、同社は、包括的かつ正確な分析を保証する360度の調査方法によって強制される、独自のデータモデルのみに基づいたサービスを提供します。いくつかの有料データリソース、専門家の研究チーム、厳格な労働倫理への前例のないアクセスにより、同社は非常に正確で信頼性の高い洞察を提供しています。リサーチダイブは、関連するニュースリリース、政府の出版物、数十年に及ぶ貿易データ、テクニカル&ホワイトペーパーを精査して、必要なサービスを必要な時間内にクライアントに提供します。その専門知識は、ニッチ市場の調査、主要な推進要因のターゲット設定、および脅威となる障害の発見に重点を置いています。補足的に、

お問い合わせ:
Mr. Abhishek Paliwal
Research Dive
30 Wall St. 8th Floor、New York
NY 10005(P)
+ 91(788)802-9103(India)
+1(917)444-1262(US)
フリーダイヤル:+1 -888-961-4454
Eメール:support@researchdive.com
LinkedInの:  https://www.linkedin.com/company/research-dive/
ツイッター:  https://twitter.com/ResearchDive
Facebookの:  https://でwww.facebook.com/Research-Dive-1385542314927521
ブログ:https : //www.researchdive.com/blog
フォローする:  https//marketinsightinformation.blogspot.com/

Tags

Related Articles

Close