ビジネス

COVID-19が癌幹細胞市場にどのように影響を与えているかに関する専門家の分析

がん幹細胞市場へのCOVID-19の影響

COVID-19危機の発生に伴い、世界は健康の大流行と経済的緊急事態との戦いに直面しており、数兆ドルの収益にほとんど影響を与えています。

Research Diveの熟練したアナリストのグループは、企業がこの経済危機で生き残り、維持するのに役立つソリューションを提供します。資格のある専門家チームによる包括的な調査から得られた調査結果に基づいて、情報に基づいた意思決定を行う企業をサポートします。

私たちの調査は、以下を取得するのに役立ちます:

  • Covid-19の市場への長期的および短期的影響
  • Covid-19の拡大したエコシステムへの影響による、癌幹細胞市場への影響のカスケード
  • COVID-19前後のパンデミックの市場行動を理解する
  • マイナスの影響を克服する、またはプラスの影響を機会に変えるための戦略の提案

私たちは、ビジネスインテリジェンスソリューションを通じて、この危機との戦いを支援します。

ビジネスの洞察をコンテキスト化するためにアナリストとつながる:https : //www.researchdive.com/connect-to-analyst/32

癌幹細胞市場に関するプレCOVID-19分析

世界保健機関(WHO)の研究によると、癌は6つの発生のうち1人が死亡する原因です。貧しい食生活パターン、大気汚染、性感染症、アルコール消費による乳がん、肺がんなどのがんの成長例。他の種類の癌は、肝臓癌、膵臓癌、脳癌、膀胱癌、結腸、および血液癌です。がんの最も一般的な治療法は、化学療法、放射線療法、および手術です。これらの手順は人体に悪影響を及ぼします。高線量の放射線と化学療法は造血幹細胞を破壊します。幹細胞は骨髄の内部で成長する骨の軟組織です。幹細胞移植は造血幹細胞を回復させます。これらの幹細胞は血小板、赤血球、病気と闘い、酸素を供給するために体が必要とする白血球。通常、これらの移植は、最も近い一致を見つけるために家族内で行われます。

幹細胞ベースの癌セグメントがどのようにして2026年までに$ 8億9690万の収益を生み出すかを確認してください。詳細については、ここをクリックしてください@ https://www.researchdive.com/purchase-enquiry/32

 Research Diveによるがん幹細胞市場の調査によると、  世界市場は2026年までに17億2,270万ドルを超えます。がん患者の増加とがん幹細胞の最新の進歩が相まって、2026年までに世界市場が急増するでしょう。

がん形態別のがん幹細胞市場セグメンテーション

  • 肝臓
  • 膵臓
  • 膀胱
  • 結腸
  • 血液

地域投資の機会:

北米のがん幹細胞市場の収益は2018年末までに3億6,654万ドルであり、分析期間中にCAGRが10%増加すると予想されます。アジア太平洋市場は予測期間中に11.2%の成長率を記録しました。この市場は、2026年までに3億6768万ドルを超え、2018年の1億5700万ドルから成長します。中国、インド、日本が、地域市場の成長に大きく貢献しています。

アプリケーションによる癌幹細胞市場セグメンテーション

  • 標的化された癌性幹細胞(CSC)
  • 幹細胞ベースのがん治療
  • その他

がんの幹細胞

がん幹細胞またはCSCは、発がんの原動力となる細胞の亜集団です。がん幹細胞の特徴は、増殖、分化能、特徴的な自己複製です。これらの特徴は、癌の開始、薬剤耐性、進行、維持、および転移または再発などの癌の多くの段階で重要な役割を果たします。CSCには、正常な幹細胞と関連する特徴があり、血液がんや腫瘍内に見られます。

遺伝的影響とアルコールの使用により、乳がんのがん幹細胞市場が優勢なシェアを占めると予測される方法をご覧ください@ https://www.researchdive.com/download-sample/32

幹細胞ベースの治療

世界保健機関(WHO)によると、癌と診断された女性の最も一般的な死亡原因は乳癌です。幹細胞ベースの癌治療と標的癌性幹細胞治療が医療分野で進歩しているため、世界の癌幹細胞市場は2026年末までに最大8億9690万ドルに達すると予測されています。細胞ベースの治療法は、同種幹細胞療法と自家幹細胞療法に分けられます。同種造血幹細胞移植は、ドナーの免疫細胞によって媒介される無癌移植片&免疫媒介移植片対腫瘍効果などのさまざまな側面に基づいて、乳癌の自己造血幹細胞移植よりも有益です。

移植に関連した死亡率が低いことと、移植率が成功したこと、および移植片対腫瘍効果の存在により、強度が低下した同種造血幹細胞移植は、複数の固形腫瘍の治療に適した選択肢です。以上のことから、同種細胞療法ががん幹細胞市場の上昇点となることが予想されます。幹細胞ベースのがん治療の世界市場は、2018年の4億4,030万ドルから2026年にはCAGR 9.3%で成長すると推定されています。

癌幹細胞移植の進歩

そのような巨大な成長の主な理由は、主にアジア太平洋地域とヨーロッパ地域の幹細胞療法の開発の高まりによるものです。カナダの医師は、倫理的、法的、規制的である幹細胞介入を承認および促進しています。米国とカナダは、北米地域の癌幹細胞市場をリードしています。北米市場は予測期間にわたって成長すると予想され、さらに、2018年の市場価値3億6560万ドルから2026年までに7億8380万ドルの収益を生み出すと予測されています。アジア太平洋の癌幹細胞市場は3億6770万ドルまで上昇すると予想されています。 2026年までとヨーロッパ癌幹細胞市場は、2026年までに4億1,950万ドルの収益を生み出すと予想されています。これらの地域の中で、アジア太平洋地域は、がん幹細胞市場で最も急成長している地域であると予想されます。インド、日本、その他の国の統治機関は、新しいインフラストラクチャを構築し、幹細胞センターの立ち上げのための新しい戦略を採用することにより、幹細胞移植を推進しています。

世界の癌幹細胞市場の主要なプレーヤーは、市場での存在を強化するためのいくつかの戦略を導入しています

  • Advanced Cell Diagnostics Inc.
  • Fluxion Biosciences Inc.
  • シリコンバイオシステム、SpA
  • AdnaGen GmbH
  • AVIVA Biosciences Corporation
  • Epic Sc​​iences Inc.
  • Rarecells USA Inc.

完全なレポート(TOC、図、グラフなど)にアクセスする @ https://www.researchdive.com/32/cancer-stem-cells-market

癌幹細胞市場のセグメンテーション成長の定義:

乳がん市場は、2026年に2億9,500万ドルを超え、推定期間中に10.4%のCAGRで上昇すると予想されます。膀胱の癌幹細胞市場はCAGRが11.2%増加すると予想され、2026年までに2億7580万ドルを超え、2018年の1億1790万ドルから増加すると予測されています。 9.3%CAGRで成長します。これは主に、アジア太平洋地域とヨーロッパ地域の幹細胞療法の進歩の高まりによるものです。

私たちに関しては:
Research Diveは、インドのプネーを拠点とする市場調査会社です。サービスの完全性と信頼性を維持しながら、同社は、包括的かつ正確な分析を保証する360度の調査方法によって強制された排他的なデータモデルのみに基づいたサービスを提供します。いくつかの有料データリソース、専門家研究者のチーム、および厳格な労働倫理への前例のないアクセスにより、同社は非常に正確で信頼できる洞察を提供しています。リサーチダイブは、関連するニュースリリース、政府発行の出版物、数十年に及ぶ貿易データ、テクニカル&ホワイトペーパーを精査し、必要なサービスを必要な時間内にクライアントに提供します。その専門知識は、ニッチ市場の調査、主要な推進要因のターゲット設定、および脅威となる障害の発見に重点を置いています。補足的に、

お問い合わせ:
Mr. Abhishek Paliwal
Research Dive
30 Wall St. 8th Floor、New York
NY 10005(P)
+ 91(788)802-9103(India)
+1(917)444-1262(US)
フリーダイヤル:+1 -888-961-4454
Eメール:support@researchdive.com
LinkedInの:  https://www.linkedin.com/company/research-dive/
ツイッター:  https://twitter.com/ResearchDive
Facebookの:  https://でwww.facebook.com/Research-Dive-1385542314927521
ブログ:https : //www.researchdive.com/blog
フォローする:  https//marketinsightinformation.blogspot.com/

Tags

Related Articles

Close