世界

このラテンアメリカの国が人々をCOVID-19からどのように救ったか。

ハノイ:世界の超大国アメリカが私たちはウイルスに負けました、そのような困難な危機でさえ、コビッドから国民を救った国があります-19。この国では、この危険なウイルスが原因で死亡した人は一人もいません。また、この国の医療施設が非常に良いということではありませんが、医療システムが弱い国で数えられています。この国10では、1000人あたり8人の医師しかいません。



これは、人口が97百万人(9.7クロア)であるラテンアメリカの国、ベトナムで話題になっています。この国では、これまでにコロナウイルスに関連した単一の死亡が報告されておらず、土曜日に確認されたのは328症例のみです。中国との国境が長く、何百万人もの中国人観光客がここに訪れます。

また重要なことは、ベトナムは非常に高度な医療システムを備えた低中所得国であることです。世界銀行によると、ここに10人、000人すべて医師は8名で、韓国の3分の1です

ロックダウンを削除し、社会的距離も削除
国は3週間の全国的な封鎖の後、4月下旬に社会的距離ルールを削除しました。 40以上、ローカルでの感染は報告されていません。企業や学校が再び開かれ、生活はゆっくりと正常に戻っています

ベトナムでは、最初の症例が検出される数週間前にコロナウイルスの発生に備えて準備を始めました。中国当局と世界保健機関による人から人への感染の「明確な証拠」がなくても、ベトナムはリスクをとらなかったと述べた。 「私たちはWHOからの指示を待っていただけではありませんでした。私たちは、外部および内部(国)から収集したデータを迅速に処理することを決定しました。 “

1月から武漢から来る人をチェック

1月の初めに、武漢からハノイ国際空港に到着する乗客の温度チェックが行われました。発熱した乗客は隔離された。 1月中旬までに、ウッドダックダム副首相は、ベトナムでのこの病気の蔓延を防ぐために「徹底的な措置」をとるよう政府機関に命令し始めました。

国が旧正月を祝った直後に、グエンスワンフック首相はコロナウイルスとの戦いを宣言しました。 271月の共産党の会合で、彼は「この流行と戦うことは敵と戦うようなものです」と述べました。 3日後、彼は発生を制御するために全国運営委員会を結成しました-WHOがコロナウイルスのために公衆衛生緊急事態を宣言した同じ日

2月1日、コロナ事件が6件確認されたため、ベトナムと中国の間のすべてのフライトが停止され、その後、中国国民のビザが翌日停止されました。 3月末に、すべての外国人の入国を停止しました

Close