世界

この国は、死の面で世界第2位に達しました。カーニバルで有名な都市で死体の山

ニューデリー:Kovid in the world-19 (COVID – 19)は破壊の名をとっていません。世界的に見て、コロナは米国に次いでブラジルで最も多くの死者を出している。 AFPレポートは、保健省のデータを引用して、金曜日のブラジル41、828は、死を伴う恐ろしい数に達しています。これは、世界で2番目に大きいコロナウイルス死者数です。

報告書は、国では過去24時間

死者が出ています。これとは別に、省は、ここで212百万は20。8、28、

1クローレの集団における感染は確認済みのケースです

また読む:国連はトランプのICCに対する動きに後悔を表明し、反応を知っている

同時に、専門家はラテンアメリカの最大の国ブラジルでの正確な症例数、これは10または15回

これまでのところ、アメリカは世界で最も多くの死者を出している

ここブラジルでのウイルスの発生は、最初のケースが検出されてから3か月半後、制御不能です。しかし、サンパウロやリオデジャネイロなどのいくつかの主要都市は経済を再開しました。

サンパウロ州46で100万人、つまり4.6クローレの人口に非常にひどいコロナの発生があります。ここまで10、368人々が亡くなりました。これだけでなく、国の全症例の4分の1、つまり1、67、900 )症例が登録されました

同様に、カーニバルと美しい自然の景色で有名なリオデジャネイロで、死体の山が発見されました。 7417人が亡くなり、ほぼ78人が死亡しましたケースが見られました

金曜日までにイギリスにはCOVID-19が41、481死亡が記録されました。

Close