世界

この国はロックダウンなしでコロナとの戦争に勝利しました、この同国人の習慣は働いた

ニューデリー:全世界がコロナ大混乱と戦っていますしかし、コロナは日本で完全に管理されており、中国からわずか3045キロ離れた場所にあります。今日、日本は国から非常事態を撤廃し、国はかなり通常の生活に戻っています。日本の安倍晋三首相は東京と他の4つの部分からのコロナウイルスのために月曜日に課された緊急事態を終えた。これにより、日本に課せられた全国的な規制は終焉を迎えました。政府が形成した委員会の専門家は、東京、神奈川県、千葉県、埼玉県、北海道の北部にある北海道からの緊急事態の撤去を承認した。

日本243月1日までのコロナの総数

は周りにいて、そこに43人がこのウイルスのために亡くなりました。毎日新しいケースが出てきますが、その数は限られていました。日本ではほぼ16、600人々はコロナウイルスに感染しており、ほぼ850人が感染症で亡くなりました。

日本では感染のリスクはあまりありませんでした

日本は人口密度の高い都市であり、このような状況ではウイルスの蔓延や連鎖形成のリスクが高かった。また、感染のリスクが高い高齢者も多数います。中国との距離が近いため、両国間の人々の移動も多い。これまでに明らかになった統計によると、9.2万人の中国人が1月に日本に旅行し、2月89に1000人が中国から日本に旅行しました。 。

コロナの制御に効果的な手順

政府は学校を休むための第一歩を踏み出した。政府は3月末の春休みのわずか2週間前にすべての学校を閉鎖し、コロナウイルスの蔓延を確認しました。これだけでなく、すべての公開イベントもキャンセルされました。店とレストランは開いたままでしたが。また、自宅で仕事をすることをお勧めします。

テストは削減されましたが予防策が強化されました
日本は他の国と比較して容疑者の裁判を減らした。そのような状況で、これにより彼はここで報告された症例が少ないと非難されました。しかし、日本はこの問題に巻き込まれず、将来を見据えた取り組みを行い、感染を防ぐための対策をさらに講じました。事件があった場所はどこでも、すぐに対応しました。北海道北島の小学校でウイルスが蔓延したとき、学校が閉鎖され、県全体で緊急事態が発生した。 3週間後、ウイルスはそこで止まった。

日本の習慣もコロナを襲います

日本人は会うときに握手やキスをしません。彼らはお辞儀をします。これにより、社会的距離が大幅に維持されました。さらに、日本では、手洗い、消毒剤でのうがい、マスクの着用が日常生活の一部となっています。これらすべてを行うためにコロナウイルスを必要としませんでした。このため、他の国よりも、ここでの感染の拡大を阻止する方がはるかに簡単でした。

コロナがなくても、日本は毎年55億枚のマスクを消費しています。つまり、人はここで平均43マスクを使用します。コロナが到着したとき、使用量が増加していました。コロナが制御下にあるので、緊急事態は国から取り除かれました、それでも日本人は何の指示もなくすべてのプロトコルに従っています。

Close