世界

インド、中国、パキスタンの核軍拡競争は国境の緊張の中で

(PTI)ニューデリー、Dt

ガルバンバレーでのインドと中国の紛争から1年が経ちました。 この間、両国間の緊張は高いままでした。 そのような環境の中で、核兵器を開発するために中国、インド、パキスタンの間で競争があります。 核兵器に関しては、インドはライバルの中国やパキスタンに遅れをとっています。 しかし、戦争の場合、インドは両国が一緒に直面する可能性があります。 現在、アグニ2ミサイルとラファエル戦闘機に加えて、核対応潜水艦INSアリハントも海軍に追加されました。 したがって、インド陸軍の3つの翼すべてに核兵器が装備されています。

インドと中国の間の緊張の中で、ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)は月曜日に世界の核兵器に関する最新の数字を発表しました。それによると、中国は現在30、パキスタンは12、インドは12です。

シプリの報告によると、9つの核武装国は合計17,060の核兵器を持っており、ロシアが4.5で最大であり、米国が2.50である。 さらに、フランスは40発、英国は8発、イスラエルは40発、北朝鮮は40〜50発の核兵器を保有しています。 しかし、組織は数字が正確であるとは主張していませんでした。 組織によると、各国が核計画を極秘にしているため、この数字は推定されています。

ロシアと米国を除く残りの7か国は、依然として核兵器を製造または配備している。 「中国は核兵器の備蓄を増やし、それらを近代化するためにその中間にいる」とシプリは言った。 核兵器とその技術の面でアメリカと競争している。 パキスタンも核兵器を増やしています。 インドも核兵器を開発しています。

シプリの研究はまた、独自の核兵器を保有する国々の原材料の埋蔵量にも注目しています。 インドとイスラエルはプルトニウムの主な生産国です。 パキスタンは主にHEU(洗練された濃縮ウラン)を生産しています。 この研究は、中国、フランス、ロシア、英国、米国も、核兵器に使用するためにHEUとプルトニウムの両方を製造していることを指摘しています。

シプリは声明の中で、インドとパキスタンの政府はミサイル実験のいくつかについて声明を出しているが、核兵器の状態やサイズに関する情報は提供していないと述べた。 SIPRIイヤーブック2021によると、合計17,060の世界の核兵器のうち、約2,000が高い運用上の警戒態勢にあります。 また、2015年から2030年の間に、サウジアラビア、インド、エジプト、オーストラリア、中国が主要兵器の世界5大輸入国であったとも述べています。当時、サウジアラビアは世界の武器輸入の11%を占め、インドは2.4%を占めていました。

Close