世界

インドの1日平均500万に対して、中国は2,000万回投与されています。

世界の国々は中国の予防接種のスピードに驚いています

2つの先住民企業だけが両方の用量で1400万人の中国市民にワクチン接種します

中国だけでも世界の毎日の予防接種の約60パーセントを占めています

中国も75か国にワクチンを供給しており、3億5000万回分を輸出しています。

北京:インドの市民に毎日平均500万回のコロナワクチンが投与されていることから、米国とヨーロッパの国々は、中国が市民に毎日2,000万回のワクチンを投与できることを知って驚いています。 国はどのように寄付のシステムを組織することができますか?

言い換えれば、世界の1日での予防接種総数の60%は、中国だけで行われています。 中国はこれまでに8億4000万回の投与を行ってきました。 インドでは24億ルピーしか与えられていませんが。 インドには、両方の用量を服用した人はわずか4,600万人、つまりインドの人口の3.4パーセントしかいません。

インドが現在、コビシールド、コバシン、スプートニクに加えてザイド、ファイザー、ジョンソン&ジョンソンに依存しているとしても、1年で目標を超えることができるかもしれません。 20%の市民に1回の投与が行われたことはほとんどありませんが、課題は、100%の市民が1回の投与をいつどのように受けるかです。

11月から12月までに、中央政府がワクチンの「RaceAgainstTime」イベントで優勝することで歴史を築くことを期待しましょう。 中国の強さは、125億ルピー以上の市民全員に、2つの製薬会社からの固有のワクチンを接種するという事実からも判断できます。 彼らはアメリカ、イギリス、ロシアにワクチンを注文するつもりはありません。

CyanovecとCinopharmの2つの中国企業だけが中国全体に供給します。 中国は1日に2,000万回分を生産するだけでなく、ワクチンを世界75か国に輸出しています。 彼らは、インド、米国、英国などの国を除く世界の40億人の市民に2回分(80億回分)を提供する命令を予約しました。

これらの国々は中国の恩恵を決して忘れません。 中国はこれまでに3億5000万回分の線量を世界中の国々に送ってきました。 インドはまた、中央政府が拒否した申し出をしました。 インドの製薬会社は、コロナ以前は世界のさまざまな病気にワクチンを供給する最前線にいましたが、同時にコロナは生産能力と輸出の減少を見てきました。

中国はわずか3か月で14億人の市民に2回のワクチン接種を行い、同時に75か国にワクチンを供給します。 インドは現在2日間で1クローレの投与量を与えていることを考えると、100クローレの市民に1回の投与量を与えるにはさらに6か月かかります。 自分で2つの用量を計算します。

ワクチンの投与量

脊椎/用量

中国

84

我ら

21

インド

24

ブラジル

8

イギリス

7

中国はわずか4日で英国と同じ数のワクチンを提供します

Close