世界

インドネシアの数字は憂慮すべきものであり、コロナは800人の子供たちを氾濫させています

ニューデリー、2021年7月26日、月曜日

政府はコロナの第3波のために子供たちがより大きな危険にさらされていることを否定しているが、インドネシアで進行中のコロナの中で子供たちがコロナの標的にされているのではないかと心配している。

インドネシアでは、先月、デルタの亜種が毎週100人以上の赤ちゃんを氾濫させました。 5歳未満の子供もいます。 これは、若い年齢とcovidの危険因子との関係についての疑問を提起します。

インドネシアは、世界の子供たちの間でコロナによる死亡率が最も高い国の1つです。 インドネシアで起こっている食糧不足のせいで、第三波への恐れが高まっています。 ここでは、子供がすべてのコロナ症例の12パーセントを占めています。 これまでに300万人が亡くなり、83,000人が亡くなりました。 これには800人の子供が含まれ、そのほとんどが過去1か月で亡くなりました。 金曜日以来、5万ものコロナの新しい症例が国内で報告されています。

しかし、インド政府は以前、コロナの第3波が子供たちにより大きな影響を与えるという証拠はないと述べました。 子供たちは、感染してもコロナの軽度の症状を示します。

Close