世界

エミレーツ航空は30年ぶりに40,500ルピーを失った

コロナでの旅行制限により、収益が66%減少しました

損失にもかかわらず、航空会社は200機の注文をキャンセルしません

ドバイ:中東最大の航空会社であるエミレーツ航空は、555億ルピー、つまり約40,500ルピーの純損失を報告しています。 コロナの流行により旅行制限が課せられたため、収益も昨年に比べて66%減少しました。

30年ぶりに、ドバイを拠点とする航空会社は、利益ではなく損失を発表し、航空業界に対するコロナの流行の壊滅的な影響を浮き彫りにしました。 航空会社の運用コストは46%減少しましたが、収益は84億ドルに減少しました。

エミレーツ航空は昨年2億8800万の利益を上げました。 空港でさまざまなサービスを提供している首長国グループは、合計60億ドルを失った。 長距離便で知られる国営航空会社は、昨年ドバイ政府から20億ポンドの援助を受けました。

ドバイの統治者であるシェイク・モハメッド・ビン・ラシッド・アル・マクトゥームは、次のように述べています。 。

「経済的損失にもかかわらず、私たちは200機の新しい航空機を注文することを約束している」と貨物を含む259機の航空機を保有する航空会社は言った。 昨年、航空会社は3つの新しいエアバス380を買収し、14の古いエアバスを段階的に廃止しました。 航空会社は、洗練された航空機で最高のサービスを提供することで知られています。

Close