世界

オーストリア、ヨーロッパがエピデミックセンターとして再登場

-コロナウイルスの発生は、発生からほぼ2年後、西ヨーロッパで増加し続けています

ニューデリーの日付。 2021年11月13日土曜日

コロナウイルスの流行はヨーロッパで増加しています。 世界保健機関(WHO)は、ヨーロッパが再び流行の中心にあるとまで言っています。 西ヨーロッパは現在、コロナの影響を最も受けており、感染者の数が増えるにつれて封鎖措置に直面しています。 このような状況の中で、オーストリアはワクチンを接種していない人々に対して抜本的な行動を取ることを決定し、彼らを封鎖された家に留めておくことへの関与を発表しました。

オーストリアのアレクサンダーシュレンベルク首相は金曜日に、ワクチンを服用していないオーバーエスターライヒ州とザルツブルクの人々は、必需品の購入、医師の診察、仕事などの特別な理由で月曜日に家を出ることができると発表しました。 ショレンバーグ氏は、このような措置を全国に実施することを検討していると述べた。 オーストリアとともに隣国ドイツでも移行のペースが速まっていることがわかります。

危険なレベルでのヨーロッパでの流行

コロナウイルスの感染例は、発生からほぼ2年後、ヨーロッパの西部でまだ蔓延しています。 この地域では予防接種率が高く、医療制度が良好であるため、これは衝撃的です。 しかし、コロナの帰還は今や封鎖の状況を生み出しました。

世界保健機関によると、ヨーロッパでのコロナウイルスによる死亡者数は先週10%増加しました。 当局は先週の公式発表で、ヨーロッパは再び震源地になる寸前であると述べた。

Close