ビジネス

ケーブルラグ市場の詳細なビジネス分析、最新のトレンド、および2020年から2025年の需要

 

ケーブルラグの画像結果ケーブルラグは、ケーブルを電気製品、その他のケーブル、表面、または機構に接続するために使用されます。これらには、衝撃を避けるための安全カバーまたはケーブルラグとコネクタの損傷を防ぎ、短絡を防ぐための保護カバーが付いています。エンドユーザー産業の用途に応じて、さまざまな種類の材料を使用できます。

レポートは、グローバルケーブルラグの詳細な評価   を提供します。これには、有効化テクノロジー、主な傾向、市場の推進力、課題、標準化、規制状況、導入モデル、オペレーターのケーススタディ、機会、将来のロードマップ、バリューチェーン、エコシステムプレーヤーのプロファイルと戦略が含まれます。 。レポートは、2020年から2025年までのグローバルケーブルラグ投資の予測も示します。

リンクをクリックして、レポートの無料サンプルコピーを取得します。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/01091745591/cable-lugs-market-growth-trends-and-forecast-2020-2025/inquiry?Mode=21

トップの一流メーカー-

Schneider Electric SE、Legrand SEICO、ABB Ltd.、Chatsworth Products Inc.、3M Corporation、Amphenol Corporation、Hubbel Incorporated、Cooper Industries(Eaton Corporation)、Klauke(Emerson)

市場分析

ケーブルラグ市場は、予測期間(2020〜2025)中に6.75%のCAGRを登録すると予測されています。地域全体でのエネルギー需要の高まりは、主要なエネルギー送配電インフラストラクチャにつながり、ケーブルラグの需要を高めていました。国際エネルギー機関(IEA)によると、世界的なエネルギー需要は、強力な世界経済およびその他の要因により、2018年に2.3%増加しました。

–ケーブルラグにより​​、修理時に端子を簡単に取り外すことができます。これは、端子の使用に関連する主な利点です。それらは、産業や商業施設全体での送電の需要の増加により重要性を増しています。今日では、電子機器の進歩により、電気機器やケーブル設備に適切な安全性を提供する必要性も高まっています。
–ケーブルラグ市場の成長ドライバーには、大規模インフラストラクチャ開発スキーム、発電プロジェクトへの投資の増加、成熟市場でのエネルギーインフラ整備、ケーブルアプリケーションの技術開発が含まれます。
–急速な都市化と再生可能エネルギープロジェクトへの関心の高まりにより、予測期間中にケーブルラグ市場の成長機会が開かれることが期待されます。ただし、材料費の変動と競争の激化は、サプライヤーとベンダーに影響を与える可能性があります。

主な市場動向

大規模インフラ開発プロジェクトが市場の成長を後押し

–インフラストラクチャの開発と基本的なユーティリティへのアクセスは、依然として世界の中核的な関心領域です。実質的なインフラのギャップに対処するために、地方自治体は増加する人口のニーズに対応するためにいくつかの大規模な開発プロジェクトに着手しました。
–たとえば、2018年に北京市開発改革委員会は、人々の生活の改善に焦点を合わせた合計300のプロジェクトと、2019年のハイエンド技術産業を報告しました。このような建設プロジェクトでは、ケーブルラグやその他のプロジェクトに電力を供給するためのアクセサリー。
–また、最近の調査では、今後10年間で、アジア太平洋地域のインフラプロジェクトに8兆米ドル以上が費やされ、アジアのインフラ開発への支出の3分の2以上がエネルギーと輸送に費やされることが明らかになりました。プロジェクト。これには、地域住民のニーズをサポートするために必要とされる大量輸送システムや発電プロジェクトの建設が含まれます。
–インドと中国でのスマートシティの開発も、ケーブルラグや工具などのケーブルアクセサリの需要の増加に貢献すると予想されます。
–北米のインフラ市場は広大ですが、アジア–太平洋および中東&アフリカは、インフラ投資を考慮したケーブルラグ市場の実質的な市場になりつつあります。

割引について問い合わせる:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/01091745591/cable-lugs-market-growth-trends-and-forecast-2020-2025/discount?Mode=21

北米が最大のシェアを占める

–北米政府は、現在の要件に準拠するために既存のインフラストラクチャをアップグレードする方法を調査するために、いくつかの調査を委託しました。地域全体のエネルギー需要の着実な増加を補うために、エネルギー委員会が再生可能エネルギー源に焦点をそらすことが不可欠になっています。
–過去10年間で、米国の電力需要は10%以上増加しました。これは、一部には、エアコンやヒーターなどの家電システムの量の増加が原因です。米国のエネルギーコンサルタントによる最近の調査では、ヨーロッパの基準に準拠するようにシステムをアップグレードするには、約2兆米ドルをエネルギーインフラストラクチャに費やす必要があることが明らかになりました。
–米国環境保護庁(EPA)とARPAは、再生可能エネルギーの目標を満たすために、エネルギーインフラストラクチャのアップグレードの必要性が高まっていることを認識しています。政府が導入したイニシアチブには、既存のインフラストラクチャを最新化するための高度なシステムの使用に焦点を当てたスマートワイヤやグリーン電力ネットワーク統合プログラムなどがあります。
–過去3年間で、ARPAは戦争の足場にある配電システムを改造するために15件以上のプロジェクトを実施しました。これらのステップにより、北米地域では電気製品とケーブル端子の需要が高まりました。

競争
環境– 2019年4月–米国を拠点とするカーライルグループとシュナイダーは、革新的なインフラプロジェクトを開発するためのパートナーシップの強化を発表しました。新しい投資とサービスとしてのエネルギーの機会を創出する以外に、このコラボレーションは、高度な接続性とリアルタイムの洞察におけるシュナイダーの機能をカーライルのインフラストラクチャとマイクログリッドへの投資に適用します。
– 2019年4月–エマソンは、バイオ製​​造用のシミュレーション、モデリング、およびスケジューリングソフトウェアのリーダーであるBioproduction Groupを買収しました。Bio-Gsスケジューリングおよびモデリングシステムとエマソンズの広範なライフサイエンス技術および専門知識ポートフォリオを組み合わせることで、企業ががん、糖尿病、およびその他の病気の治療をより早く患者に提供できるようになります。

レポートで説明されている市場要因は何ですか?

– 主要な戦略的開発:研究には、R&D、新製品の発売、M&A、契約、コラボレーション、パートナーシップ、合弁事業、およびグローバルおよび地域規模。

– 主な市場の特徴:  レポートは、収益、価格、容量、容量稼働率、総量、生産量、生産量、消費量、輸入/輸出、供給/需要、コスト、市場シェア、CAGR、総利益率などの主な市場の特徴を評価しました。さらに、この調査では、関連する市場セグメントとサブセグメントとともに、主要な市場ダイナミクスとその最新の傾向について包括的な調査を提供しています。

– 分析ツール:  グローバルケーブルラグ市場レポートには、いくつかの分析ツールを使用して、市場における主要な業界プレーヤーとその範囲の正確に調査および評価されたデータが含まれています。ポーターの5つの力の分析、フィージビリティスタディ、投資収益率分析などの分析ツールを使用して、市場で活動する主要企業の成長を分析しました。 

調査には、2014年から2020年までの履歴データと2025年までの予測が含まれているため、レポートは、業界の幹部、マーケティング、セールス、製品マネージャー、コンサルタント、アナリスト、および明確に提示されたアクセスしやすいドキュメントで主要な業界データを探しているその他の人々にとって貴重なリソースです。表とグラフ。

メディアお問い合わせ:

Irfan Tamboli(販売責任者)–市場分析レポート

電話:+ 1704 266 3234 | + 91-750-707-8687

sales@marketinsightsreports.com | irfan@marketinsightsreports.com

Tags

Related Articles

Close