世界

コロナの流行の中で住みやすい都市のトップランキングの劇的な変化

オークランド、2021年6月10日木曜日

コロナ時代は、封鎖以来、世界の住みやすい都市のトップランキングに大きな変化が見られました。 ニュージーランドのオークランドは、コロナの流行に対処するための計画の成功という点でリストのトップに立っています。 大阪、アデレード、東京、ウェリントンもトップ5に入っています。 学校、劇場、レストラン、文化的アトラクションは、コロナ時代の間もオークランドで開いたままでした。 ホノルルは、今回設定された居住基準から最も恩恵を受けました。 コロナの流行を制御するための予防接種プログラムの成功に続いて、ホノルルは7位にランクされましたが、16位に落ちました。

今年の調査におけるヨーロッパとスカンジナビア諸国のパフォーマンスは非常に貧弱でした。 かつて世界で最も住みやすい都市だったウィーンは、18位に落ちました。 ハンブルクは世界ランキングで7位にランクされています。 エコノミストインテリジェンスユニットのグローバルリビングアビリティの社長によると、Kovid-18の影響は、世界中の都市のライフスタイルに非常に悪影響を及ぼしています。 現在、世界中の都市はかつてないほど居住性が低くなっています。 欧州地域も大きな影響を受けています。 ニュージーランド、オーストラリア、日本などの都市に加えて、台北3やシンガポール6などのアジア太平洋地域の他の都市もランク付けされています。 エコノミストインテリジェンスユニットのGlobalLiveability Report 2021によると、世界で最も居住しにくい場所はシリアのダマスカス市です。 アジア太平洋地域では、ダッカとカラチを含む10の都市が居住に最も適していません。

Close