世界

コロナワクチンの単回投与では、デルタに対する十分な抗体が生成されません

ベータバリアントに対する2つのモノクローナルエリキシルのみ

新しいコロナ変異体に対するワクチン抗体が出現

ロンドン:イングランドの最高医療責任者であるクリス・ホウィッティは、国内で新たに発生した98のコロナウイルスはデルタ型であるため、もはや懸念の原因ではないと述べています。 現在、通常のコロナの変種になりつつあります。

このウイルスは90か国に広がり、アルファ版よりも50%伝染性が高くなっています。 コロナワクチンがデルタ変異体の新しい症例に対してどれほど効果的であるかを理解することも重要です。 フランスのパスツール研究所による研究によると、デルタ変異体はコロナワクチンに比較的小さな影響を及ぼします。

研究者らは、さまざまな種類のウイルス変異体に対するモノクローナル抗体の影響を調べました。 彼らは、4つのモノクローンすべてがアルファ変異体に対する秘薬であることを発見しました。 4つのモノクローナル抗体のうち3つだけがDeltaバリアントに有効でした。 ベータバリアントに対して有効であることがわかったのは2つのモノクロナルだけでした。

以前にコロナに感染したことがあり、コロナワクチンを接種したことがある人は、3つの変異体すべてに対する有効な抗体のレベルが上昇していました。 コロナワクチンの単回投与は、デルタ変異体に対する抗体を増加させるのに十分であることがわかりました。

ただし、以前に感染したことがない人の場合、コロナワクチンの単回投与はデルタ変異体に対してそれほど効果的であることが示されていません。 フランスでさえ、デルタ変異体に対する抗体のレベルは、ワクチン接種の10週間後に十分ではありませんでした。 しかし、これは私たちのコロナワクチンがまださまざまな亜種に対して有効であることを示しています。

Close