世界

サウジアラビアは、インドを含むレッドリスト諸国の市民の3年間の旅行を禁止しています

-先週と比較してコロの死亡率が21%増加

-東京で24時間以内に3117件のコロナの新規症例が報告されました

ニューヨーク:世界保健機関によると、世界の検死官の死亡率は先週と比較して今週21%増加しています。 今週報告された4,000人の死者は、主に南アメリカと南アジアでした。 組織は、世界の新しいコロナ症例の数が8%増加し、世界のコロナ症例の総数が1200万に達したと述べました。 症例数が増え続けると、2週間でのコロナの総症例数は2億を超えるでしょう。 ヨーロッパを除くすべての国の中で、米国、ブラジル、インド、インドネシア、英国がコロナによる死亡者数が最も多い国です。

一方、サウジアラビアは、インドを含むレッドリストに載っている国の市民がサウジアラビアに入国することを3年間禁止しています。 そして、これらのレッドリストの国に旅行する人々には厳しい罰則があります。 ガルフニュース紙のサウジ通信社の報告によると、内務省はサウジアラビア国民に、コロナの新しい亜種の症例数が増加したため、レッドリストに載っている国への旅行を警告した。 サウジアラビアのレッドリストには、アラブ首長国連邦、リビア、シリア、レバノン、イエメン、イラン、トルコ、エチオピア、ソマリア、アフガニスタン、ベネズエラ、ベトナム、インドが含まれます。

これらの国に旅行するサウジアラビア国民は、厳しい罰金を科されると発表されました。 この指示に違反してこれらの国に旅行する人は、3年間海外旅行を禁止されます。 一方、日本のコロナの新規症例数は2日連続で増加し、東京のコロナの総症例数は2,09,8になりました。 専門家によると、東京でのコロナの新規症例数は、デルタ変異により増加している。 一方、ランセットジャーナルによると、アストラゼネカコロナワクチンの初回接種後に問題がなければ、2回目の接種を躊躇しないでください。

血栓の発生率は、2回目の投与後も増加しません。 セカンドショットを撮った後、100万人中4.5人がこの問題を発見しました。 彼の前で最初のショットを撮った後、1万ルピーの人々のうち2.1人が血液凝固の問題を抱えていました。

Close