ビジネス

シングルモード光ファイバ市場レポート業界見通し – 最新の動向と動向2025

製造業者、国、タイプおよびアプリケーションによる世界のシングルモード光ファイバ市場、2025年までの予測

シングルモード光ファイバとは、ある情報源から別の情報源に情報を伝送するために使用される媒体および技術のことです。情報は高速光パルスとして光ケーブルを介して送信されます。光ファイバ伝送の受信端は、光パルスを二進値に変換します。シングルモードファイバは、2メートルから10,000メートルの範囲の長距離での設置に使用されます。それは、単一モードまたは光線を伝送するために使用される単一のガラス繊維ストランドです。送信モードは1つだけで、より高い帯域幅を伝送します。一部のシングルモード光ファイバケーブルでは、40 kmの距離で10 Gbpsの速度を達成できます。シングルモードケーブルは複雑なキャリブレーションを必要とするため、マルチモード対応品と比較して初期コストが高くなります。シングルモード光ファイバは、高い減衰および分散、より高いデータ伝送能力、高速および大容量ネットワーク内での使用可能性など、多数の利点を提供する。これらは、テレコム、公益事業、コミュニティアクセステレビ(CATV)、軍事など、市場の成長を牽引する多数の通信アプリケーションで使用されています。

このレポートのサンプルコピーを入手する@  https://www.bigmarketresearch.com/request-sample/2857669?utm_source=OC&utm_medium=Anil

発展途上国における高速で改善されたネットワーキングおよびネットワークサービス、ならびにブロードバンド接続の普及の必要性の高まりは、世界的なシングルモード光ファイバ市場の成長を主に牽引すると予想される。さらに、さまざまな目的のための光通信およびセンシングアプリケーションの需要の増加、ITおよび電気通信分野における光ファイバケーブル(OFC)の高需要、インターネット普及の増加、および家庭へのファイバ(FTTH)接続の普及の急増業界の成長 しかしながら、高い設置コストと無線通信システムの採用の増加は市場の成長を妨げると予想される。逆に、光ファイバネットワークケーブル(OFCネットワーク)インフラストラクチャへの政府投資の増加は、予測期間中に市場拡大の大きな機会をもたらすと予想されます。

世界のシングルモード光ファイバ市場は、タイプ、アプリケーション、および地域に基づいて分類されています。タイプによって、市場はG.652、G.653、G.655、G.656、およびG.657に分類されます。この調査の対象となるアプリケーションには、電気通信とネットワーキング、CATV、データセンター、ファクトリーオートメーションと産業用ネットワーキング、軍事などがあります。地域別に見ると、市場は北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、およびLAMEAで分析されています。

レポートで紹介された主要企業は、コムスコープ、コーニング、ファイバーホーム、フジクラ、古河電子、ネクサンス、住友電気工業、スターライトテクノロジーズ、ザ・プリズマングループ、そして長江光ファイバーなどです。ケーブル合資会社。

グローバルシングルモード光ファイバ市場の主な利点:

  • この調査では、世界のシングルモード光ファイバ市場と、差し迫った投資ポケットを明らかにするための現在および将来の動向について詳細に分析しています。
  • 主な推進力、制約、および機会、ならびにそれらが市場に与える影響の分析に関する情報が提供されます。
  • ポーターの5つの力による分析は、世界のシングルモード光ファイバー業界で活動しているバイヤーとサプライヤーの潜在力を示しています。
  • 市場の可能性を判断するために、2017年から2025年までの世界のシングルモード光ファイバ市場の定量分析が提供されています。

世界のシングルモード光ファイバ主要市場セグメント:

タイプ別

  • G.652
  • G.653
  • G.655
  • G.656
  • G.657

この調査レポートを割引で入手する@  https://www.bigmarketresearch.com/request-for-discount/2857669?utm_source=OC&utm_medium=Anil

目次:

第1章;序章

1.1。レポートの説明

1.2。ステークホルダーのための主な利点

1.3。研究方法

1.3.1。二次研究

1.3.2。一次研究

1.3.3。アナリストツールとタイプ

第2章:エグゼクティブサマリー

2.1。CXOの見方

第3章:市場の概要

3.1。市場の定義と範囲

3.2。主な調査結果

3.2.1。最も大きな影響を与える要因

3.2.2。トップインベストメントポケット

3.2.3。最高の勝利戦略

3.2.4。開発別の2015年から2018年までの最高の勝利戦略(%)

3.2.5。会社別、2015年から2018年の最優秀賞

3.3。ポーターの5つの力の分析

3.4。キープレーヤーポジショニング、2017年

3.5。マーケットダイナミクス

3.5.1。運転者

3.5.1.1。5Gの広範な実装

3.5.1.2。FTTH(Fiber to The Home)接続の採用が増えています

3.5.1.3。モノのインターネットの出現(IoT)

3.5.1.4。ファイバ不足によるシングルモード光ファイバの需要増加

3.5.2。拘束

3.5.2.1。高い設置コスト

3.5.2.2。無線通信システムの成長

3.5.3。機会

3.5.3.1。光ファイバーケーブル技術における技術的進歩

3.5.3.2。光ファイバケーブル(OFC)ネットワークインフラストラクチャへの投資の増加

第4章:タイプ別の光ファイバ市場

4.1。概要

4.2。G.652

4.2.1。主な市場動向

4.2.2。主な成長要因と機会

4.2.3。地域別市場規模および予測

4.2.4。国による市場分析

4.3。G.653

4.3.1。主な市場動向

4.3.2。主な成長要因と機会

4.3.3。地域別市場規模および予測

4.3.4。国による市場分析

4.4。G.655

4.4.1。主な市場動向

4.4.2。主な成長要因と機会

4.4.3。地域別市場規模および予測

4.4.4。国による市場分析

4.5。G.656

4.5.1。主な市場動向

4.5.2。主な成長要因と機会

4.5.3。地域別市場規模および予測

4.5.4。国による市場分析

4.6。G.657

4.6.1。主な市場動向

4.6.2。主な成長要因と機会

4.6.3。地域別市場規模および予測

4.6.4。国による市場分析

購入前のお問い合わせ@  https://www.bigmarketresearch.com/purchase-enquiry/2857669?utm_source=OC&utm_medium=Anil

私たちに関しては:

業界の幹部は、自社の競合企業を常に把握している傾向があります。これにより、戦略的な事業活動と投資動向についての最新情報が得られます。相互に関連する業種の参加企業にとって、会社の概要は非常に重要です。

お問い合わせ:

5933 NE Win Sivers Drive、#205、ポートランド、

OR 97220アメリカ合衆国

直接電話で回答:+ 1-971-202-1575

フリーダイヤル:+ 1-800-910-6452

電子メール  help@bigmarketresearch.com

Tags

Related Articles

Close