Uncategorized

スマートビルの市場規模は1666.7 億 2028年までに:IMIR Market ResearchPvtltd。

世界のスマートビルディングの市場規模は 2021年に794.2億米ドル に達し 1666.7億米ドルのCAGRで成長する 11.25% 、2021年から2028年にかけて

IMIR Market Researchは、レポートのリリースを発表しました。カテゴリ、フォーム、成長見通し、市場動向、地域別の スマートビルディング市場 調査レポート– 2027年までの世界予測。この成長の主な推進力は、市場情報と主要な持続可能性に対するニーズの高まりです。トレンド。」消費財業界レポートには、市場の欠点、安定性、成長ドライバー、抑制要因、予測期間中の機会がさらに含まれています。私たちの市場調査レポートは、世界市場の詳細な包括的な分析を予測し、私たちの主要なアナリストの最新の洞察を提供します。

スマートビルディングの市場規模、シェアおよびトレンド分析レポートソフトウェアタイプ(インフラストラクチャ管理システム、ネットワーク管理システム、インテリジェントセキュリティシステム、ビルディングエネルギー管理システム)、ビルディングタイプ(教育機関、政府および公共インフラストラクチャ施設、住宅、商業ビル) 、その他)、COVID-19影響分析、地域の見通し、成長の可能性、価格動向、競争力のある市場シェアと予測、2022年-2028年

このプレミアムレポートのサンプルレポートをダウンロードします。  https://www.intellectualmarketinsights.com/report/smart-buildings-market-size/imi-000301

市場は、カテゴリに基づいて外部スマートビルディングと内部スマートビルディングにわたって調査されました。レポートは、定義、分類、アプリケーション、スマートビルディング業界のチェーン構造など、業界の基本的な概要を提供します。 

このレポートの上位企業は次のとおりです  

  • Delta Controls
  • Legrand
  • Schneider Electric
  • IBM smart buildings
  • Cisco
  • Siemens
  • Honeywell International
  • Johnson Controls
  • United Technologies Corporation
  • Building IQ

スマートビルディング市場の概要:

スマートビルディング市場調査は、適切で価値のある情報を研究するために細心の注意を払ったインテリジェンスレポートです。データは、既存のトッププレーヤーと今後の消費財の競合他社の両方を考慮しています。 2027年までの世界予測最新レポートは、業界の状態に関する主要な統計を提供し、スマートビルディング市場に関心のある企業や個人にとってのガイダンスと方向性の貴重な情報源です。この市場調査レポートは、予測期間の現在の傾向の包括的な分析を提供する有益なデータの編集です。私たちのレポートは、市場の現在の状態の包括的な説明を提供し、その将来の見通しも説明します。また、予測に基づいて将来の事業計画を立てる方法についても説明します。

セグメンテーション

 ソフトウェアタイプ別:-

  • インフラストラクチャ管理システム
  • ネットワーク管理システム
  • インテリジェントセキュリティシステム
  • 建物エネルギー管理システム

建物タイプ別:-

  • 教育機関
  • 政府および公共インフラストラクチャ施設
  • 住宅用建物
  • 商業用建物
  • その他

スマートビルディング市場は、地域に基づいて、南北アメリカ、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東、アフリカで調査されました。南北アメリカは、アルゼンチン、ブラジル、カナダ、メキシコ、および米国全体でスマートビルディングレポートをさらに調査しています。米国は、カリフォルニア、フロリダ、イリノイ、ニューヨーク、オハイオ、ペンシルベニア、およびテキサス全体でスマートビルディングレポートをさらに調査しています。アジア太平洋地域は、オーストラリア、中国、インド、インドネシア、日本、マレーシア、フィリピン、シンガポール、韓国、台湾、タイのスマートビルディングレポートでさらに分析されています。最後に、ヨーロッパ、中東、アフリカについてさらに調査します。 Smart Buildingsは、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、カタール、ロシア、サウジアラビア、南アフリカ、スペイン、アラブ首長国連邦、および英国全体で報告しています。

このレポートの方法論:  https://www.intellectualmarketinsights.com/Methodologies/IMI-000301

スマートビルディングレポートに対するCOVID-19の累積的影響:

現在進行中のスマートビルディングレポートの調査は、調査フレームワークを拡大して、根本的なCOVID-19の問題と今後の潜在的な道筋を確実に含めるようにします。 。さらに、更新された調査は、スマートビルディング市場へのCOVID-19の影響を考慮して、洞察、分析、推定、および予測を提供します。

ポーターマトリックスは、ビジネス戦略(業界のカバレッジ、ビジネスの成長、財務の実行可能性、チャネルサポート)とスマートビルディングの製品満足度(使いやすさ、製品の機能、コストパフォーマンス、顧客)に基づいて、市場のスマートビルディングベンダーを評価および分類します。サポート)は、企業がより良い意思決定を行い、競争環境を理解するのに役立ちます。

スマートビルディングの市場シェア分析: スマートビルディングの市場シェアを知ることで、基準年のベンダーの規模と競争力を知ることができます。それは蓄積、支配、断片化、および融合の特性におけるスマートビルディング市場の特徴を明らかにします。

購入する主な理由

スマートビルディング市場の洞察に満ちた分析を得て、世界市場とその商業的展望を包括的に理解すること。

開発リスクを軽減するために、生産プロセス、主要な問題、および解決策を評価します。

市場で最も影響力のある推進力と抑制力、およびグローバル市場でのその影響を理解する。

それぞれの主要な組織によって採用されているスマートビルディングの市場戦略について学びます。

スマートビル市場の将来の見通しと展望を理解する。標準構造レポートに加えて、特定の要件に応じたカスタム調査も提供します。

スマートビルディング市場の研究範囲

  • 歴史的年:2015- 2019
  • 基準年:2020
  • 予測:2021年から2028年
  • 百万米ドルでの市場収益の表現

スマートビルディング市場の傾向:競争の激化と継続的な革新の傾向を含む市場の主要な傾向:

このレポートを参照: https://www.intellectualmarketinsights.com/report/smart-buildings-market-size/imi-000301

Close