世界

ドイツのコロナは、労働力の住居侵入窃盗を減らしました

ベルリン、2021年4月5日月曜日

ワークフローの家庭文化は、コロナの流行後に出現しました。 今日のデジタル時代では、自宅でも、コロナへの移行を防ぎ、保護するための雇用が創出されています。 ヨーロッパのドイツについて言えば、ワークフレームの増加は、強盗の発生率が減少したことを示しています。 閉ざされた家の鍵を壊して盗むのは簡単な作業ですが、家のメンバーがいると、この機会は少なくなります。 ドイツのウェブサイトに掲載されたレポートによると、2020年の盗難件数は3,000件で、前年より10,000件少なくなっています。 盗難保険会社はまた、関連する請求に対してより少ない金額を支払う必要があります。

盗難と保険に関連するデータは、19日からドイツで収集されます。 保険会社の関係者によると、人々がこれまで以上に家で過ごす時間が増えたため、盗難の発生率は減少しました。 その唯一の原因はコロナの流行です。 保険協会によると、2020年には6000万ポンド相当の請求があり、前年より3000万ポンド減少しました。 個人保険の請求も10%減少しました。 この傾向はドイツの14州で見られます。 コロナウイルスが出現する前から、セキュリティシステムの強化により盗難件数は着実に減少していますが、ワークフローホームによりさらに減少しています。 このように、泥棒はコロの流行によって嫌がらせを受けています。

Close