世界

ドイツはWHOに関するトランプの決定に失望しました、アンジェラ・メルケルはG7会議に出席しません

コロナ

米国は、コロ​​ナウイルスに関して世界保健機関(WHO)との関係を断ち切ると脅迫しており、その脅威を修正しました。

ベルリン:米国は、コロ​​ナウイルスに関して世界保健機関(WHO)との関係を断ち切ると脅迫しており、その脅威を修正しました。ドナルドトランプ大統領はWHOからの分離を発表しました。この米国の決定は、WHOへのショックであり、世界レベルでの悪影響です。ドイツはこの決定に失望感を示し、世界の健康にとって主要な後退であると述べた。ドイツのイェンス・スパーン保健相は土曜日に、「WHOは改革される必要があり、そうするためには、EUが前進しなければならない」と述べた。

一方、ドイツ政府の報道官は、ドイツの首相アンジェラメルケルは、米国が主催するG7会議に出席しないと述べた。コロナの流行にもかかわらず、トランプ大統領はG7会議を主催すると発表した。この7か国のグループのリーダーの会議は、最初はビデオ会議を通じて6月下旬に決定されましたが、その後、キャンプデイビッドで米国大統領リトリートを開催することが決定されました

トランプは先週、ホワイトハウスでもイベントを開催できることを示しました。ドイツ政府のスポークスマンは、ポリティコのウェブサイトに公開されたニュースを確認し、COVID-19の発生を考慮して、ドイツ首相が個人的にG7と呼んだと述べた私は会議に出席するためにワシントンに行かないことにしました。

重要なことに、米国は中国が中国の要求に応じて行動したと非難するWHOとの関係を断ち切ることを発表しました。この点に関して、トランプは、年間40百万ドルを支払ったにも関わらず、WHOは中国を支配し、米国は年間450は100万ドルを支払います。 WHOはコロナ停止の最初の段階で失敗しました。改革が必要になり、今日、WHOとの関係を終了します

参照:

Close