世界

パキスタンでは、イードの際に、40頭の牛を含む90頭の動物が犠牲になりました。

ニューデリー、2021年7月29日、木曜日

パキスタンでは、It-ul-Azhaの際に、3,000億ルピー相当の40万ルピーの牛が犠牲になりました。

イードの際には、4,000億ルピー相当の合計90万ルピーの牛が犠牲になりました。 皮革の輸出業者によると、今年は昨年よりも多くの動物が犠牲になっています。

コロナのせいで、今年は多くのパキスタン人がメッカ巡礼に参加できず、その結果、死傷者が増えました。

メディアの報道によると、昨年パキスタンでは15億頭相当の動物が犠牲になりました。 今回は80から90万ルピーの動物が犠牲になりました。 牛、山羊、ラクダを含みます。 人々がメッカ巡礼に行けなくなったため、犠牲となる動物の数も増えました。

皮革業者のデンマーク・カーンによれば、今回は30〜40万ルピーの牛が犠牲になりました。 パキスタンは毎年250億5000万ドル相当の皮革を輸出しており、皮革産業はイードの犠牲後の動物の皮の20〜30パーセントを占めています。

Close