Uncategorized

フェザーミール市場の成長は、2028 年までに 37 億 7000 万米ドルに達する見込みです。

フェザーミールとは、家禽を加工する際の副産物を指し、家禽の羽から作られます。

この市場レポートは、知識豊富な予測者、革新的なアナリスト、およびさまざまな市場、トレンド、およびビジネス ニーズの連続した方向で新たな機会について詳細かつ勤勉な調査を行う優秀な研究者による継続的な努力の結果です。レポートは、明確な予測期間の変動とともに、CAGR (複合年間成長率) 値も推定します。このレポートは、主要な測定値とメーカーのステータスを提供し、企業や組織にとって重要な方向性の情報源です。この市場調査レポートを作成している間、顧客満足度は最優先事項です。

 羽毛ミール 市場は、2021 年から 2028 年の予測期間に 5.30% の割合で市場の成長が見込まれ、2028 年までに 37.7 億米ドルに達すると予想されています。羽毛ミール市場に関するデータ ブリッジ市場調査レポートは、市場の成長に影響を与えながら、予測期間全体に蔓延すると予想されるさまざまな要因。世界的な環境問題の高まりは、羽毛ミール市場の成長を加速させています。

フェザーミールとは、家禽を加工する際の副産物を指し、家禽の羽から作られます。このプロセスは、高温高圧下で部分的に粉砕し、次に粉砕して乾燥させることによって行われます。この副産物は、配合飼料や有機肥料に利用されます。羽毛粉は、一般的にレンダリングと呼ばれるプロセスを経て作られます。羽毛の加熱殺菌には、140℃以上の高温の蒸気圧力鍋が使われます。

リンクをクリックして、レポートのサンプル コピーを取得し ます https://www.databridgemarketresearch.com/request-a-sample/?dbmr=global-feather-meal-market

世界中の農業ベースの産業の成長は、羽毛ミール市場の成長を促進する主要な要因の 1 つとして機能します。飼料原料のコストの上昇と飼料原料の需給ギャップの比例的な上昇、および 生物学的製品の採用を促進するための有機製品への嗜好の増加は 、市場の成長を加速させます。反芻動物のタンパク質飼料としての羽毛粉の需要の増加と、有機栽培による土地面積の増加は、市場にさらに影響を与えます。さらに、汚染の発生率の急増、さまざまな形態の生物学的製品の使用の増加、環境に関する懸念の高まり、および 有機食品の傾向 製品は羽毛ミール市場にプラスの影響を与えます。さらに、製品の強化のための研究開発活動は、2021年から2028年の予測期間に市場プレーヤーに収益機会を拡大します。

一方、家禽の家畜種における羽毛粉の消化率に関する臨床的証拠の欠如は、市場の成長を妨げると予想されます。 2021年から2028年の予測期間では、高い家畜飼料コストが 羽毛ミール市場に挑戦すると予測されています。

競争環境と羽毛料理の市場シェア分析

フェザーミール市場の競合状況は、競合他社ごとの詳細を提供します。含まれる詳細には、会社の概要、会社の財務、収益、市場の可能性、研究開発への投資、新しい市場イニシアチブ、グローバルなプレゼンス、生産拠点と設備、生産能力、会社の強みと弱み、製品の発売、製品の幅と幅、アプリケーションが含まれます。支配。提供された上記のデータポイントは、羽毛ミール市場に関連する企業の焦点にのみ関連しています。

羽毛ミール市場レポートで取り上げられている主要なプレーヤーは、ボイヤー バレー カンパニー、FASA、サニマックス インダストリーズ、APC カンパニー、アペルサ グアダラハラ、テラマー、ウェスト コースト リダクション Ltd.、バレー プロテインズ、Inc.、The Fertrell Company、Agro-industrial Complex Bačka Topola LTD、Easy Gardener Products、NORDFEED、Jakom、SK-PSD、MoistTech、Ridley Corporation Limited、Allanasons Pvt Ltd などの国内外のプレーヤーが参加しています。市場シェア データは、グローバル、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋 (APAC)、中東およびアフリカ (MEA)、および南アメリカで個別に入手できます。DBMR アナリストは競争力を理解し、各競合他社の競争力分析を個別に提供します。

目次と図を含む完全なレポートの説明を読む @  https://www.databridgemarketresearch.com/reports/global-feather-meal-market

 

このフェザーミール市場レポートは、最近の新たな展開、貿易規制、輸出入分析、生産分析、バリュー チェーンの最適化、市場シェア、国内およびローカライズされた市場プレーヤーの影響、新たな収益ポケットに関する機会の分析、市場規制の変化の詳細を提供します。 、戦略的な市場成長分析、市場規模、カテゴリ市場の成長、アプリケーションのニッチと優位性、製品承認、製品発売、地理的拡大、市場における技術革新。羽毛ミール市場の詳細については、Data Bridge Market Research のアナリスト ブリーフにお問い合わせください。当社のチームは、市場の成長を達成するための情報に基づいた市場決定を支援します。

世界のフェザーミール市場 の範囲と市場規模

フェザーミール市場は、性質、粗タンパク質含有量、最終用途および流通チャネルに基づいて分割されています。セグメント間の成長は、成長のニッチ ポケットと戦略を分析して市場にアプローチし、コア アプリケーション分野とターゲット市場の違いを判断するのに役立ちます。

  • 自然に基づいて、羽毛ミール市場はオーガニックと従来に分割されます。
  • 粗タンパク質含有量に基づいて、羽毛ミール市場は 75 ~ 80%、80 ~ 90%、および 90% 以上に分割されます。
  • 最終用途に基づいて、羽毛粉市場は動物飼料、有機肥料、農薬などに分割されます。動物飼料は、家禽飼料、牛飼料、 魚飼料、およびその他の動物飼料製品にさらに分割され ます。
  • 流通チャネルに基づいて、フェザーミール市場は B2B と B2C に分割されます。B2C はさらに、卸売、現代貿易、専門店、およびオンライン小売業者に分割されます。

 

  • 地域分析:レポートでは、生産と消費のパターン、輸出入パターン、需要と供給の比率、収益の創出、市場シェアと規模、および著名なプレーヤーの存在に関して、世界の主要地域のフェザーミール市場をさらに調べています。地域。Feather Mealレポートは、地域分析セクションの下で、地域の企業が実施した拡張計画もカバーしています。市場の地域分析は、予測期間の生産量情報、消費量とパターン、収益、および成長率で構成されています。

地域分析によると、市場は主に次のような主要な地理的地域に広がっています。

  • 北米(米国、カナダ)
  • ヨーロッパ (英国、イタリア、ドイツ、フランス、その他の EU)
  • アジア太平洋 (インド、日本、中国、韓国、オーストラリア、その他の APAC)
  • ラテンアメリカ (チリ、ブラジル、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • 中東およびアフリカ (サウジアラビア、アラブ首長国連邦、南アフリカ、その他の MEA)

このプレミアム レポートを購入する:  https://www.databridgemarketresearch.com/checkout/buy/enterprise/global-feather-meal-market
データ ブリッジ市場調査について:

Data Bridge Market Research は、インドとカナダにオフィスを持つ多国籍経営コンサルティング会社です。比類のない耐久性レベルと高度なアプローチを備えた、革新的でネオテリックな市場分析およびアドバイザリー企業として。私たちは、最高の消費者の見通しを明らかにし、あなたの会社が市場で成功するための有用な知識を育むことに尽力しています.

データ ブリッジ市場調査は、2015 年に考案され、プネーに組み込まれた純粋な知恵と実践の結果です。同社は、最高クラスの分析を提供しながら市場全体をカバーしようとする従業員がはるかに少ないヘルスケア部門から誕生しました。 . その後、同社は部門を拡大し、2018年にグルグラムの場所に新しいオフィスを開設して範囲を拡大しました。そこでは、優秀な人材のチームが会社の成長のために手を結びます. 「ウイルスが世界中のすべてを遅らせたCOVID-19の厳しい時代でも、データブリッジ市場調査の専任チームは24時間体制で働き、顧客ベースに品質とサポートを提供しました。スリーブ。”

市場検証済みの業界レポート、技術動向分析、形成的市場調査、戦略的コンサルティング、ベンダー分析、生産と需要分析、消費者影響調査など、さまざまなサービスを提供しています。

お問い合わせ
Data Bridge Market Research
米国: +
 1 888 387 2818
英国: + 44 208 089 1725
香港:  +852 8192 7475
電子メール –  
Corporatesales@databridgemarketresearch.com

 

 

Close