世界

ブラジルの大統領はコロナ感染を単純なインフルエンザと見なし、今では国がウイルスのベースになる

ニューデリー:ブラジル、ロシアを後にするコロナは、世界で最も症例数の多い2番目の国になりました。 363、211ブラジルは、このウイルスの新たな発生源となりました。です。米国では依然として最大数の症例が確認されていますが(1、600、600 以上)、ここでは感染が減少しているようです。

Joan Haupkins大学のTrackerによると、Kovid-19は、666人が亡くなりました。 149、911人々はこれまでに回復しています。ブラジルは急速にコロナウイルスのホットスポットになりつつあり、ジェリーボルソナロ大統領はそれを一般的なインフルエンザと見なしていました。

今週の日曜日、ボルソナロは支持者たちと集会を開きました。この期間中、ボルソナロはセキュリティ機器を着用しておらず、増え続ける群衆の中で社会的な距離も遠くなりませんでした。彼はラシュトラパティバーバンの前に出てきましたが、すぐにそれを取り外し、支持者と握手しました。

世界保健機関は最近、南アメリカをKovidの拠点として宣言しました-19、武漢それから、それはヨーロッパ諸国、特にイタリアとフランスに広がりました。このウイルスがアメリカで多くの人を殺した後、今では感染率が低下しています。保健施設の崩壊により、多くの人々が国内、特に古い地域で感染している。ブラジルの先住民族の分節によると、生きている人口の死亡率は国の人口の2倍です。

現在ブラジルでは900、000先住民の人々が多く、そのうち980の人々はコロナ陽性であることが判明しています。 125コミュニティの死亡率の全国平均12。6%が完了しました。最近、ドナルドトランプ米国大統領がブラジルへの訪問をキャンセルしました。これにより、アメリカに来た非アメリカ人は、ブラジルで最後の14日間滞在するべきではありません。来られません。

(ロイターおよびAFPからの入力あり)

Close