世界

マスクを着用するためのWHOガイドラインの変更、知っておくことが重要です

ニューデリー:世界保健機関(WHO)金曜日、コロナウイルスの流行中に、フェイスマスクを着用するためのガイドラインが更新され、新しいコロナウイルスが蔓延している混雑した場所ではマスクを着用する必要があると述べました。

この致命的なウイルスが広がり続けるにつれて、WHOは誰がマスクを着用するべきか、いつマスクを着用するか、誰がこのマスクで作られるべきかについての見方も変えました。

WHOの首長、テドロスアドノム氏は、ウイルスの感染が広がっており、国民などの人々と距離を置くことが困難な場所では政府が国民にマスクを着用するよう奨励すべきであると提案しました。交通機関、店舗、その他の混雑した場所

また読む:中国はトランプの報復にパニックに陥り、直ちに決定を迫られた

WHOの責任者は、地域感染のある地域について、60歳以上の人、または重度の人に病気があり、人との距離が取れない状況では、医療用マスクを着用してください

WHOは、非医療用ファブリックマスクのテクスチャに関する新しいガイドラインも公開し、マスクには少なくとも3層の異なる材料を含める必要があることを示唆しています

しかし、WHOの責任者は、マスクはウイルスを遠ざけるための効果的な戦略の一部にすぎないと主張し、人々はウイルスが完全に安全に着用できると思い込んではなりません。

テレビ放送

彼は仮想記者会見で、「マスクは肉体的距離と手指衛生の代替と見なすことはできません。マスクを着用することで、コロナウイルスから逃れることはできません。すべてのケースを見つけ、分離して処理し、すべての連絡先を見つけて隔離します。これは、パンデミックとの闘いで機能することがわかっている方法です。これはCOVIDに対するすべての国の最良の防御です-19。 '

昨年12月に中国から蔓延して以来、コロナウイルスは世界中で少なくとも66数百万人に感染しており、3 90、000より多くの人を殺しました

Close