ビジネス

ライフサイエンス市場2020-生産、販売、消費量、産業分析のための防護服

 

ライフサイエンス向け防護服の画像結果

ライフサイエンス用の防護服は、2019年には2億6,436万9千ドルと評価されており、2020年から2025年の間にCAGRが6.1%となる2025年までに3億8475万ドルに達すると予想されています。

ライフサイエンス市場向けの世界的な防護服この市場調査は、予測期間中に市場の見通しに影響を与えると予想される最も重要な傾向の分析を提供します。調査では、新たなトレンドを、市場に大きな影響を与え、その成長または衰退に寄与する可能性のある主要な要因として分類しています。

各メーカーの生産、価格、収益(価値)、市場シェアを含む、トップメーカーによる市場競争。トッププレーヤーは-

I. DuPont De Nemours and Company、Kimberly Clark Corporation、Ansell Limited、3M Company、Honeywell International Inc.、Lakeland Industries Inc.、Irudek Group、Berkshire Corporation、Kappler Inc.、Tronex International Inc.

市場概況-

一般に、ライフサイエンスセグメントの相対的な成長は、ヘルスケアとイノベーションのための地域市場の支出に関連しています。現在、ほとんどすべての経済、特に発展途上国は、ヘルスケアとイノベーションへの支出を増やしています。

–ライフサイエンス業界では、安全と外部環境からの隔離が前提条件と見なされているため、防護服の着用が必須になりました。労働安全衛生局(OSHA)は、職場での健康と安全の継続的な改善を確実にするための発行基準の最前線にいます。APIC(Association for Professionals for Infection Control and Epidemiology)やAAMI(Association for Advancement of Medical Instrumentation)などの他の組織は、周囲に基づいて防護服を使用するための広く受け入れられている分類システムを提供しています。
–医療費は継続的に増加しています。AltarumCenter for Value in Healthcareのレポートによると、2016年、2017年、および2018年前半の総医療費および米国の医療サービスへの支出は、年率4.3%〜4.8%で増加しています。
– IEEEによると、2050年に60歳を超える人の33%がいる扶養家族を中心とした医療システムは、将来の重要な課題を表しています。したがって、このセクターでは継続的な自動化が行われています。たとえば、医療システムを改善するための最適化、スケジューリング、シミュレーション、およびモデリングのアプローチの適用。
–ただし、医薬品製造におけるアウトソーシングと自動化の需要の増加は、市場の成長を妨げる可能性があります。

購入前にサンプルコピーを利用する:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/01091745609/protective-clothing-market-for-life-sciences-industry-growth-trends-and-forecast-2020-2025/inquiry?source=MW&Mode=21

レポートの範囲

ライフサイエンス部門は、大きく分けて、製薬、バイオテクノロジー、医療技術(デバイスと診断)の3つの主要なセグメントに分類できます。防護服は、環境から労働者に安全を提供するための最後の防衛線と見なされることがよくあります。医薬品市場の新たな傾向により、前臨床および初期段階の薬に使用される防護服の需要は、需要の増加を経験すると予想されます。たとえば、中国市場は伝統医学に加えて、前臨床および初期段階の薬で活気に満ちており、バイオテクノロジー活動の核となりつつあり、地域に機会を生み出しています。

地域/国別の市場セグメント、このレポートは
、北米(米国、カナダ、メキシコ)
グローバル(ドイツ、イギリス、フランス、その他のグローバル)
アジア太平洋(中国、インド、日本、その他のアジア太平洋)
ラテンアメリカ(ブラジル、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
中東およびアフリカ

主な市場動向

市場を支配する使い捨ての衣類タイプ

–ラボの技術者など、無菌環境を維持する必要がある、または汚染物質からの保護を必要とするその他の人にとって、防護服の必要性が生じます。
–ただし、有害物質から身を守る必要がある場合、およびそれらの物質が他の場所を追跡しないようにする必要がある場合は、使い捨ての衣服や製品が布地の経済的な代替品となります。
– WHO 2018のレポートによると、心血管疾患、癌、糖尿病、慢性呼吸器疾患などの非伝染性疾患(NCD)が現在、世界の死者のほぼ71%を占めています。このような事例は、これらのセグメントおよび地域におけるヘルスケアセクターの成長の機会を示しており、予測期間を通じて間接的に市場にプラスの影響を与えることが期待されています。
–ライフサイエンス業界での臨床試験の増加により、予測期間中に防護服市場の需要が高まると予想されています。国立衛生研究所によると、参加者の最大数は2018年の2019年に870,250人と記録されました英国全体での臨床研究への登録。

-で特別割引を受ける

https://www.marketinsightsreports.com/reports/01091745609/protective-clothing-market-for-life-sciences-industry-growth-trends-and-forecast-2020-2025/discount?source=MW&Mode=21

最高の成長を目撃するアジア太平洋

–アジア太平洋地域は、インドや中国などの国の地方政府が地域の製造およびイノベーションセンターを開発するために講じた積極的な措置に支えられて、最も急速に成長している市場の1つとして浮上しています。
–これらの市場は、医薬品の製造と承認に関するいくつかの規制改革を目の当たりにしました。
–医療と医療セクターにおける質の高いサービスと技術の進歩により人々がこれらの国に旅行しているため、医療観光にも新たな可能性があります。メディカルツーリズム協会によれば、患者が本国(先進国)ではなく発展途上国で治療を受けた場合のコスト削減は90%です。
–マイクロソフトアジアニュースセンターによると、アジア太平洋地域の医療機関はデジタル変革によるビジネスの改善を最大21%追跡しています。
–さらに、2019年8月、デュポンセーフティアンドコンストラクションは、インド市場でグローブとスリーブソリューションのケブラーとタイケムの手保護ポートフォリオを発売しました。このソリューションは、自動車用途から衛生、製造、地下の石油およびガス探査まで、危険な環境での職場保護を強化するように設計されています。同社は、最新の業界標準を満たす信頼できる手保護ソリューションを提供しています。

最近の更新-

– 2019年5月–電気接続および保護ソリューションのグローバルリーダーであるnVent Electric plcは、Elexantファミリー初のスマートな接続型コントローラーであるnVents RAYCHEM Elexant 4010iを発売しました。安全で信頼性が高く柔軟な制御ソリューションを産業用アプリケーションに提供するように設計されており、Elexant 4010iはヒートトレーシングテクノロジーの制御とメンテナンスをよりスマートで安全かつコスト効率の高いものにします。

この調査で取り上げられている主なポイントは次のとおりです。

ライフサイエンス市場向け防護服市場の概要、タイプ別(製品カテゴリ)、アプリケーション別、地域別(2020〜2025年)、メーカー別の競争

─ライフサイエンス用防護服の世界市場規模(値)(2020-2025)

─ライフサイエンス向けグローバル防護服容量、生産、収益(値)、供給(生産)、消費、輸出、地域別輸入(2020-2025)

─ライフサイエンス向けグローバル防護服生産、収益(値)、タイプ別価格動向

─アプリケーション別のライフサイエンス市場分析のためのグローバル防護服

─ライフサイエンスメーカー向けグローバル防護服のプロファイル/分析

─ライフサイエンス向けの防護服製造コスト分析

─産業チェーン、ソーシング戦略、下流バイヤー

─マーケティング戦略分析、ディストリビューター/トレーダー

─市場効果要因分析

─ライフサイエンス市場向け世界防護服市場予測(2020-2025)

─競争状況

─調査結果と結論

最後に、このライフサイエンス向け防護服レポートは、今後数年間の市場シナリオとその開発展望をカバーしています。レポートは同様にタイプ分析を管理し、重要なアプリケーション、最近のライフサイエンス向け保護服製品開発と対照的に管理し、潜在的なグローバル市場の概要を示します。

お問い合わせ:

Irfan Tamboli(販売)

電話:+ 1704 266 3234

Mob:+ 91-750-707-8687

sales@marketinsightsreports.com

irfan@marketinsightsreports.com

Tags

Related Articles

Close