健康
Trending

ワクチン市場2027は、2018年の36,998.8百万ドルのプロファイリングであるGlaxoSmithKline plc、Merck&Co.、Sanofi、Johnson&Johnson Services、Inc、Panacea Biotec Limited、Astellas Pharma NOVAVAXのプロファイリングから、2027年に64,538.4百万ドル成長すると推定されています

この病気はアフリカの人口の最も重要な部分に影響を及ぼします。つまり、若者やアフリカの人口は、進行した肝疾患や感情的苦痛の治療のために財政的な負債を大幅に増加させています。先進国では、感染症の症例は過去10年で減少しましたが、重度の急性呼吸器症候群(SARS)、中東呼吸器症候群(MERS)、はしか、鳥類など、世界中で再興している病気の増加がありましたパンデミックインフルエンザ、チクングニアウイルス、エボラウイルス病(EVD)、ジカウイルス病は、先進国周辺の感染症に新たな焦点を当てています。したがって、感染症の世界的な増加は、新しい効果的な薬物およびワクチンの開発のための主要な市場参加者を奨励することが期待されています。

世界のワクチン市場は、2018年の36,998.8百万米ドルから2027年に64,538.4百万米ドルに達すると予想されています。市場は2019-2027年から6.5%のCAGRで成長すると推定されています。

でサンプルコピーをリクエストする https://www.theinsightpartners.com/sample/TIPRE00003424

現在の時代には、環境の変化に伴う感染症のspread延に対する懸念が高まっています。これらの新興感染症は公衆衛生の負担ですが、世界経済にも影響を及ぼします。 HIV、肝炎、デング熱などの新しい病気は、各国政府にとって大きな懸念を集めています。マラリア、コレラなど、制御下にあると思われる病気の復活もあります。 2015年の疾病管理予防センターによると、米国の1680万人が感染症および寄生虫病のために病院を訪れました。アフリカでは、慢性ウイルス性肝炎は約7000万人のアフリカ人(B型肝炎で6,000万人、C型肝炎で1,000万人)に感染しています。

ゲイツ財団は、従来の研究資金提供機関からの資金に加えて、世界中の子供や大人の主要殺人者に対する新しいワクチンの研究開発に数億ドルを投資しました。 GAVIは官民パートナーシップを確立し、ロタウイルスや肺炎球菌などの疾患に対する後期開発と優先ワクチンの導入を加速しています。これらのパートナーシップは、政府、ドナー、業界と連携して、需要、供給、資金調達の意思決定を合理化するように設計されています。彼らは、これらの新製品の導入、開発途上国への手頃な価格のワクチンの信頼性の高い持続可能な供給の確保、製品へのアクセスを確保するための民間投資のインセンティブの創出など、国内の意思決定者を支援するパートナーの取り組みを調整し、資金を提供しています。グローバルワクチン基金は、13か国の発展途上国に5年間で1億5,000万ドルのワクチンと資金を提供しています。各国は、基本的な予防接種システムを強化し、B型肝炎やインフルエンザ菌b型(Hib)などの新しい使用頻度の低いワクチンを導入するために、財政的および技術的支援を受けます。一部の国では、両方の分野でサポートが提供されます。したがって、ワクチン開発に対するサポートの拡大は、市場の成長を促進する可能性があります。

でこのレポートを購入 https://www.theinsightpartners.com/buy/TIPRE00003424

私たちに関しては:

Insight Partnersは、実用的なインテリジェンスのワンストップ業界調査プロバイダーです。当社は、シンジケートおよびコンサルティング調査サービスを通じて、顧客が調査要件に対するソリューションを得られるよう支援します。テクノロジー、ヘルスケア、製造、自動車、防衛のスペシャリストです。

お問い合わせ:

Insightパートナー、

電話+ 1-646-491-9876
メールsales@theinsightpartners.com

Close