ビジネス健康国際科学&テクノロジー
Trending

世界の倉庫と物流ロボット市場が先にグッドタイムズを見る – 動向と影響| Technologeeko主要プレーヤーは、ファナック、シャファー、デマティック、KUKA(Swisslog)、アマゾンロボット、バンダーランデ、CIM Corp、Vecna、Grenzebach、ハイテクロボットシステム、日立、Bastian

倉庫管理・物流ロボット市場は、グローバルなシナリオで大きなペースで成長を続けています。倉庫管理および物流ロボットは、サプライチェーンを通過する際に商品を保管および移動するプロセスを自動化します。製品を整理して輸送するために倉庫や保管施設でよく使用されますが、他の環境でも使用できます。 世界の倉庫・物流ロボット市場は、2017年に約30億米ドルに達すると予測されており、2018年から2015年までの予測期間で31.5%以上の健全な成長率が見込まれています。 このレポートのサンプルコピーを入手する@

https://www.bigmarketresearch.com/request-sample/3024100?utm_source=sj-om

これらのロボットは、肉体労働に比べてはるかに高いレベルの稼働時間を提供し、ロボットを展開する人にとって生産性の大幅な向上と収益性の向上につながります。産業用アプリケーションの自動化、低コストでの高効率、電子商取引業界の成長に対する要求の高まりは、予測期間中の市場の重要な推進要因です。 中小企業によるロボティクスの採用は、近い将来に有利な機会を生み出す可能性が高い要因です。さらに、倉庫保管・物流ロボットは、人間のトレーニングのコストを削減し、人間と比較して予想外のエラーを減らし、組織の効率を高めるなど、さまざまな利点を提供します。これらの利点により、倉庫保管・物流ロボットの需要は世界中のエンドユーザーの間で高まっています。 ロボットの実装コストの高さと意識の欠如は、予測期間中の倉庫保管・物流ロボットの市場成長を制限する主な要因の1つです。

トップキープレーヤー: ファナック、シェファー、Dematic、KUKA(Swisslog)、アマゾンロボット工学、ヴァンダーランド、CIM Corp、Vecna、Grenzebach、ハイテクロボットシステム、日立、バスティアン、Adept Technology、Fetch Robotics、Grey Orange この調査の目的は、近年のさまざまなセグメントおよび国の市場規模を定義し、今後8年間の価値を予測することです。このレポートは、調査に関与している各地域および国の中で、業界の定性的側面と定量的側面の両方を取り入れるように設計されています。 レポートはまた、市場の将来の成長を定義する駆動要因&課題などの重要な側面についての詳細な情報を提供しています。 レポートはまた競争の景色および主要なプレーヤーの製品提供の詳細な分析と共に利害関係者が投資するためにミクロ市場で利用可能な機会を組み込むものとします。 グローバル倉庫&物流ロボット市場の地域分析は、アジア太平洋地域、北アメリカ、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、その他の地域などの主要地域について検討されています。アジア太平洋地域では産業用ロボットの採用が増え、政府の支持が高まっているため、市場シェアの面で世界でも有​​数の重要な地域です。 購入割引を受ける

@ https://www.bigmarketresearch.com/request-for-discount/3024100?utm_source=sj-OM

市場の詳細なセグメントとサブセグメントを以下に説明します。 種類別:パレタイジングロボット、ハンドリングロボット、デパレタイズロボット、デリバリーロボット、サポートロボット、製造ロボット、その他 用途別:食品・飲料物流、製薬物流、電子製品物流、機械製品物流、その他 なお、検討対象とした年数は以下の通りです。 過去の年 – 2015、2016 基準年 – 2017年 予測期間 – 2018年から2025年 市場調査におけるグローバル倉庫・物流ロボット市場の対象読者: 主なコンサルティング会社とアドバイザー 大、中、および小企業 ベンチャーキャピタリスト 付加価値再販業者(VAR) サードパーティのナレッジプロバイダ 投資銀行家 投資家

Related Articles

Close