ビジネス世界健康国際科学&テクノロジー

世界の航空機照明市場2020:タイプ、シェア、市場価値、業界の需要、トッププレーヤー、2027年までの地域の展望

「航空機照明市場-グローバル分析と2025年までの予測」というタイトルのThe Insight Partnersが発行した新しい調査レポートによると、世界の航空機照明市場は、予測期間2018〜2025の間にCAGR 4.2%で成長すると予想されます。 2025年までに30億3,000万米ドルに達する。

世界の航空機照明市場は、現在のシナリオでの投資、実施中の試験、および将来の展開に関して、まともな成長を遂げています。航空機照明の市場は、世界中のいくつかの定評のあるプレーヤーで構成されており、彼らは顧客に最先端の技術と製品を提供するために莫大な投資をしています。一方、航空機メーカーは、航空機部品メーカーから高度な技術を調達し、高度な技術を統合した航空機を提供しています。この要因は、航空機照明の市場が期間にわたって急増するのを助けています。

このレポートの独占サンプルPDFのリクエスト@ https://www.theinsightpartners.com/sample/TIPAD100001369/

さらに、発展途上国と先進地域における防衛予算の増加、は、軍がさまざまな照明ソリューションを含む高度な技術の航空機や航空機のコンポーネントを調達するのを促進しています。この要因は、現在のシナリオで航空機照明市場の急増を助けています。。最近の5年間の成長は、主にエネルギー効率の高い航空機用ライトに対する需要の高まりと航空機の出荷数の注目すべき増加などの3つの主要な要因によって推進されています。

調査の主な結果:

  • アジア太平洋地域は最大の航空機照明市場シェアを占めると予想されます。
  • システムタイプに基づいて、航空機のキャビンライトセグメントは航空機の照明市場を支配すると予測されています。
  • LEDライトセグメントは、技術で最大の市場シェアを保持しました。
  • インテリアセグメントは、ライトタイプで市場を支配しました。
  • フィットタイプに基づいて、ラインフィットが市場を支配しました。
  • 固定翼航空機は、航空機の種類ごとに最大の市場シェアを保持しました。
  • エンドユーザーに基づいて、商業セグメントは市場を支配しました。

現在の市場シナリオで最も目立つ地域は、民間航空会社と防衛軍による航空機の迅速な調達によるアジア太平洋地域です。航空機照明の市場は、高度な照明ソリューションの変更または改造に対する巨大な需要に関連して、アジア太平洋地域での遠征の成長を目撃することが予測されています。アジア太平洋地域は中東およびアフリカ地域に続き、世界の航空機照明市場で2番目に大きな市場シェアを占めています。世界的に認められ、多数の民間航空機の艦隊であるエミレーツ、カタール航空、エティハド航空、サウジアラビア航空が、新しい航空機の調達と既存の艦隊の改造に多大な投資を行っています。航空会社は常に顧客体験の向上に注力しているため、

レポートの完全な説明、目次、図表、グラフなどにアクセスします。@ https://www.theinsightpartners.com/buy/TIPAD100001369/

航空機照明市場の市場は、フィールドで活動する多数のプレーヤーで集中しています。市場で活動している主要企業には、Honeywell International Inc.、Cobham Plc。、Zodiac Aerospace Ltd.、STG Aerospace Ltd.、Rockwell Collins、Diehl Stiftung&Co. KG、Astronics Corporation、Oxley Group、United Technologies Corporation、およびBruce Aerospaceが含まれます。

私たちに関しては: –
Insight Partnersは、実用的なインテリジェンスを提供するワンストップの業界調査プロバイダーです。シンジケート化されたコンサルティング研究サービスを通じて、クライアントが研究要件の解決策を得るのを支援します。私たちはテクノロジー、ヘルスケア、製造、自動車、防衛のスペシャリストです。

お問い合わせ: –
電話:+ 1-646-491-9876
メール:sales@theinsightpartners.com

Close