ビジネス世界科学&テクノロジー

世界的に成長しているネットワーク暗号化市場に関する最新のトレンドレポート|主要なキープレーヤー:ノキア、シスコ、ジュニパーネットワークス、コルトテクノロジーサービス、ファーウェイ、アルバ

グローバルネットワーク暗号化市場は、2020〜2027年の予測期間中にCAGR + 9%で成長すると予想されます。

ネットワーク暗号化は、ネットワーク転送レイヤーで暗号化サービスを適用するネットワークセキュリティプロセスです。データリンクレベルより上で、アプリケーションレベルより下です。ネットワーク転送レイヤーは、Open Systems Interconnection(OSI)参照モデルのレイヤー3および4であり、2つのエンドポイント間の接続とルーティングを担当します。
既存のネットワークサービスとアプリケーションソフトウェアを使用すると、ネットワーク暗号化はエンドユーザーには見えなくなり、使用される他の暗号化プロセスとは無関係に動作します。データは送信中のみ暗号化され、発信元ホストと受信ホストにプレーンテキストとして存在します。

予測期間中にグローバルネットワーク暗号化市場で最大の市場規模を維持するためのハードウェアコンポーネント。グローバルネットワーク暗号化市場というタイトルの新しい精巧なレポートが、レポートコンサルタントによってデータベースに追加され、市場の広範な調査に基づいています。今後の市場動向と市場の現在のシナリオに関する知識は、絶えず進化している業界の生存と成長のための重要な手段です。

サンプルパンフレットのリクエスト@
https://www.reportconsultant.com/request_sample.php?id=4428

トップキープレーヤー:
トップメーカー/プレーヤーによるグローバルネットワーク暗号化市場の競争、
Cisco(米国)、Juniper Networks(米国)、Atos(フランス)、Ciena(米国)、Rohde&Schwarz Cyber​​security(ドイツ)、Thales eSecurity(米国)、F5 Networks(米国)、ECI Telecom(イスラエル)、Gemalto(オランダ) )、Nokia(フィンランド)、ARRIS(ジョージア)、Colt Technology Services(英国)、Huawei(中国)、Aruba(米国)、Viasat(米国)、Raytheon(米国)、Quantum(米国)

地域の見通し:
地理的に、グローバルネットワーク暗号化市場:地域セグメント分析
北米、ヨーロッパ、中国、日本、東南アジア、インド

ハードウェアデバイスは、高速および低遅延などのパフォーマンスの観点から処理機能を実行するためのネットワーク暗号化市場で重要な役割を果たします。堅牢なセキュリティを提供します。さらに、ハードウェアコンポーネントは、エンドポイント、ネットワーク、およびアプリケーションの脅威に対する高度なセキュリティを提供します。

割引を依頼@
https://www.reportconsultant.com/ask_for_discount.php?id=4428

ネットワーク暗号化市場の主な成長要因には、いくつかの規制順守への需要の高まりと、ネットワークセキュリティ侵害から組織を保護するための注目の高まりが含まれます。リスクと脅威は高度化しており、企業やその他の重要なインフラストラクチャを妨げる可能性があります。

したがって、世界中の企業は、ネットワークセキュリティを向上させ、顧客により良い体験を提供するために、費用対効果の高い堅牢な製品を常に探しています。
ポーターの5つの力とSWOT分析も市場を精査するために利用されています。このレポートは、グローバルネットワーク暗号化市場の包括的な分析を提供します。同様に、このレポートの各サブディビジョンは、サプライチェーンの問題を理解するのに役立つ専門家の洞察で構成されており、機能のグラフィック、チャート、情報グラフィックの理解にも役立ちます。

 

Tags

Related Articles

Close