世界

中国のワクチン:WHOの承認にもかかわらず、サウジアラビアを含む国々からの反対

ニューデリー、2021年6月10日木曜日

中国製の抗コロナウイルスワクチンについて世界保健機関(WHO)から承認を得た後でも、多くの国がそれを承認していません。 これらの国には、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーンなど、中東の多くの国が含まれます。 アラブ首長国連邦はまた、中国から予防接種を受けた人は入国を許可されないと述べています。

過去数週間で、中国のコロナワクチンについて多くの質問が提起されたことは言及する価値があります。 セイシェルでは5月にコロナの症例が急増しました。 これは世界で最も速い予防接種であり、ほとんどの人が中国製のシノフォームワクチンを接種されました。 ワクチン接種後の症例数の急増も、ワクチンの有効性について疑問を投げかけました。

それ以来、サウジアラビア、バーレーン、フィリピン、アラブ首長国連邦などの国々は、中国のワクチンの有効性について懸念を表明し、それを承認することを拒否しました。 5月下旬にサウスチャイナモーニングポストに発表されたレポートによると、フィリピンの人々は中国のワクチンの安全性と有効性に疑問を持っているため、中国のワクチンを望んでいません。

サウジアラビアが最も懸念している、パキスタンは困っている

サウジアラビアは、中国の抗コロナワクチンに対して最大の懸念を表明しています。 中国のワクチン(SinofarmとSinovac)の両方を承認していません。 サウジアラビアの動きは、パキスタンや中国のワクチンに依存している他の国々に問題を引き起こしています。 報道によると、パキスタンは問題を解決するためにサウジアラビアと交渉中です。

Close