世界

中国の研究室からコロナ? トップ18の科学者は理論が否定できないと言った

ニューデリー、2021年5月14日金曜日

世界中の何百万人もの人々の死の原因となったコロナウイルスはどこから来たのですか? 確かなことは誰にもわかりませんが、世界のトップ18の科学者のグループは、データ集約型の調査に基づいて、中国の研究所からウイルスが漏洩するという理論を排除することはできないと述べています。 2019年後半、中国でコロナウイルス感染の最初の症例が報告されました。 それ以来、このウイルスは世界中で300万人以上を殺しました。 数十億ドルが失われ、70億人の命が失われました。

フレッドハッチンソンがん研究センターでウイルスの発生を研究したケンブリッジ大学の臨床微生物学者ラヴィンドラグプタとジェシーブルームを含む18人の科学者は、流行の起源についてさらに研究が必要であると述べています。 科学ジャーナルへの手紙の中で、科学者グループの一員であるスタンフォード大学の微生物学教授であるデビッド・リールマンは、ウイルスが中国の研究室から漏れた、またはウイルスが動物から来たという理論を排除することはできないと述べた。

科学者たちはまた、武漢でのコロナウイルス感染の起源と広がりに関する世界保健機関の調査は、すべての側面を考慮に入れていないだけでなく、研究室からのウイルス漏出の理論は精査に値するとは見なされないと述べた。 コロナウイルスの発生を調査するために武漢に行った組織のチームは、中国の科学者と共同で書かれた最終報告書で、ウイルスがコウモリから人間に別の動物によって感染した可能性があると述べた。

Close