世界

中国の科学者たちは今、コロナウイルスの武漢関係に関するこの大きな主張を主張している

コロナウイルス

現在、中国の研究者たちは危険なコロナウイルスについて主張しています。中国は、武漢にある中国の研究室でアメリカのコロナが作られたという主張を強く拒否している。

北京:アメリカは継続的に中国をコロナウイルスで攻撃しています。中国は、武漢にある中国の研究室でアメリカのコロナが作られたという主張を強く拒否している。同時に、今や中国の研究者たちは危険なコロナウイルスについて主張している。中国の調査によると、この致命的なコロナウイルスは武漢のウェットマーケットに由来するものではないとされています

神秘的な失踪が武漢ウイルス学研究所(WIV)のコロノウイルスを去ると推測されていた、中国を代表するウイルス学者。現在、中国のニュースチャンネルでコロナウイルスへのインタビューが行われています。これだけでなく、彼は科学の政治化にも懸念を表明しています。

また読む:コロナウイルス:トランプその後、この国の大統領もヒドロキシクロロキン薬を服用しています

コウモリとその関連ウイルスを研究するための「バットウーマン」として知られるShi Zhengliは、ソーシャルメディアアカウントWeChatで、コロナの武漢のウェットマーケットから生まれましたニュースを否定しました。水曜日、中国の科学者は、コロナウイルスが武漢のシーフード市場から出現し、後に世界で流行したと主張した報告を却下しました

State Run Global Times Dailyで発表されたレポートによると、上海を拠点とする調査により、シーフード市場から出てくるコロナウイルスの主張はナンセンスであることが再び明らかになりました

これまでに登録されているのは、コロナウイルス56のlakhケース以上です。保健省によると、世界のコロナの合計56は9ラークのケースで、これまでのところ3ラーク

です。 数千人が亡くなりました。ただし、安心はKovid-19から687571 。5万人が治癒する

参照…

Close