世界

中国は第三次世界大戦のために6年間生物兵器を製造してきましたが、コロナもその結果です:レポート

ニューデリーの日付。 2021年5月、日曜日

コロナウイルスの流行は、中国の武漢から世界中に広がっています。 これまでのところ、ウイルスが中国の武漢にある研究所で開発されたという多くの主張と理論が表面化しています。 そして今、文書は世界に地震をもたらしました。 6年前の今日2015年に中国の科学者や当局者によって書かれたこの文書は、コロナウイルスについて語っています。 この文書では、中国の科学者が生物兵器としてのコロナウイルスの使用について論じています。

SARSコロナウイルスは、新しい時代の生物兵器である可能性があり、人為的に再形成することで、人間にとって致命的なウイルスになります。 この主張は、ウィークエンドオーストラリアンのレポートで行われました。 「SARSの恩赦の起源と人工ウイルスの新種」と題された報告書は、第三次世界大戦が生物兵器と戦われると述べています。 この文書は、中国の軍事科学者がコロナウイルスを武器として使用することについて話し合っていたことを明らかにしています。

中国の科学者たちは、コロナウイルスなどの生物兵器を使って、過去数年間、第三次世界大戦の準備をしてきました。 科学者たちはこの文書の中で、生物兵器が戦争に勝つための鍵になるだろうと述べています。 レポートは米国の研究者によって処理されています。 報告書によると、中国は生物兵器を世界に放出する適切な時期を待っています。 そうすることで、中国の目的は、敵対国の医療を弱体化させ、それを打ち負かすことです。

報告によると、コロナウイルスが中国の研究所から誤って漏洩したとのことです。 中国はすでにウイルスを知っていたので、なんとかそれを止め、ウイルスは世界中に広がりました。

Close