世界

先進国に貧しい国への予防接種をやめるよう要請します

ワシントン、2021年5月14日、金曜日

コロナウイルス感染を防ぐために、インドを含む世界中でワクチン接種キャンペーンが実施されていますが、世界保健機関(WHO)は、豊かな国々でのワクチン在庫とワクチン政治について懸念を表明しています。 。 アントニオ・グテーレス国連事務総長は、すべての国でワクチンが長持ちするほど、ウイルスが変異する可能性が高いと述べた。 予防接種がない場合、変異ウイルスは発生を引き起こす可能性が高くなります。

世界のさまざまな地域で、さまざまな時期にエピデミックやさらに多くの波が発生する可能性があります。 グテーレス氏はまた、コロナウイルスの亜種が発展途上国や貧しい国々で山火事のように広がっていると述べた。 ワクチンはこの状況と戦うための効果的な武器です。 したがって、各国が必要に応じてワクチンを配布することが重要です。 インドを含め、世界にはワクチン不足に直面している国がたくさんあります。 国連は、増加した量のワクチンを、英国やカナダなどの貧しい発展途上国に配布しています。

人口に3〜4回予防接種を行うことができる国がいくつかあります。 冠状動脈期間中にワクチン接種が加速されない場合、コロナウイルスは変異して強力になります。 したがって、ワクチンの生産を増やすことが重要です。 インドを含む世界中の多くの国が、他のメーカーがワクチンを製造できるように、ワクチン特許の廃止を求めています。 提案は将来WTOに提出される予定です。 国連もこの決議に賛成ですが、WTOのいずれかの国が反対した場合には取り下げられます。

Close