世界

太陽の灼熱の熱はコロナによる死のリスクを減らすことができる、と研究者達は主張している

ニューデリー、2021年4月13日、火曜日

コロナの第2波は、より致命的で吠えています。 コロナ予防のために予防接種が行われています。

このような状況の中でスコットランドで行われた調査によると、高熱があるとコロナによる死亡者数は少なくなるとのことです。 エディンバラ大学の研究者は、太陽の熱、特にそれに含まれる紫外線がコロナによる死亡のリスクを減らすと言います。

この研究では、米国の約2,500の農村地域での死亡を比較しました。 研究者たちは、紫外線の量が多いほど、covidによる死亡のリスクが低いことを発見しました。 同様の調査が英国とイタリアで実施され、調査結果はほぼ同じでした。

研究者たちは、年齢、人種、経済的および社会的地位、人口密度、汚染、気温、地域の感染の程度など、コロナウイルスによる死亡のリスクを高める要因を調べました。 研究者は、日光にさらされると皮膚に亜酸化窒素が生成されると言います。 いくつかの研究室の研究は、亜酸化窒素がコロナウイルスを弱めることを示しました。

激しい熱は血圧レベルを下げ、心臓発作のリスクを下げます。 心臓発作は、コロナによる死亡者数を増加させる要因でもあります。

Close