世界

島の中国の占領、フィリピンの外務大臣は定期的に平手打ちした

マニラ、2021年4月3日月曜日

中国とフィリピンの間で緊張が高まっており、中国が南シナ海のフィリピンの島を占領し、両国間の状況が悪化している。 フィリピンのテディ・ロキシン・ジュニア外相は、現在残っている唯一の選択肢は、中国との戦争に行くことです。

フィリピンは中国に直ちに島を避難させるよう要請したが、中国海警局の船がフィリピンに嫌がらせをしており、その要請は中国に影響を与えていないようである。

中国はそれを南シナ海の広大な島であるウィットソンリーフの一部と見なしています。

Close