世界

所有者の死に気づかず、ロイヤリストは3か月間病院で待機した

武漢

武漢の病院で待機している犬の写真がソーシャルメディアで話題になっています。この雑種犬は、飼い主が戻るのを3か月前から病院のロビーで待っていました。

Xiao Baoは所有者を待ちます

北京:武漢の病院で待機している犬の写真がソーシャルメディアで話題になっています。この雑種犬は、飼い主が戻るのを3か月前から病院のロビーで待っていました。しかし、彼の主人は彼の入院の5日後に亡くなりました。武漢泰康病院の職員はこれまで犬の世話をしていたが、現在は犬の避難所に送られている。

メトロのレポートによると、病院の労働者と店主のウーカイフェンは以前は犬に餌をやっていましたが、彼らは彼に「シャオバオ」を与えました。クフェン氏は、4月中旬に仕事に戻ったとき、病院のロビーで小さな犬を見たが、落ち着きがなかったと語った。クフェンは犬の名前を知らなかったため、彼を彼を「シャオバオ」と呼び始めました。

Wu Qifenによれば、 'Xiao Bao'は何度か病院から連れ去られようとしましたが、彼は毎回戻ってきました。彼は、主人の死を知らずに、主人の帰りを待っていました。病院管理部門は、武漢小動物保護協会の協力を得て、「小包」を犬の避難所に送り、そこで処理および滅菌されています。

'Xiao Bao'のストーリーはソーシャルメディアで広く共有されています。飼い主の死に気づかずに9年間駅に戻るのを待っていたハチ公と比較している人もいます。病院のロビーで待っている 'Xiao Bao'の写真は人々を感動させ、彼の安全も心配しています

Close