Uncategorizedビジネス世界

日本のホームアクセサリー市場、CAGR 3.4%で2025年までに120億2,000万ドルに到達

日本のホームアクセサリー市場の製品(PC、カメラ、ビデオカメラ、ビデオゲーム、レコーダー、およびその他のホームアクセサリー)と流通チャネル(スーパーマーケット、専門店、メーカーストア、Eコマース会社):機会分析と業界予測、2018年 レポートによると、日本の住宅付属品市場は2017年に94億2000万ドルを生み出し、2025年までに120億2000万ドルを獲得すると推定され、2018年から2025年までのCAGRは3.4%と成長しています。 セグメント、トップ投資ポケット、変化するダイナミクス、市場規模と推定、および競争シナリオ。

住宅セクターのインフラ投資の増加に伴う都市化の急増は、日本のホームアクセサリー市場の成長を牽引する2つの主要な要因です。さらに、可処分所得の増加は市場の成長を補完します。一方で、偽造品の販売は日本のホームアクセサリー市場の成長を妨げています。ただし、eコマースの販売と技術の進歩の増加は、日本のホームアクセサリー市場の予測に有利な機会を提供します。

サンプルレポートのリクエスト:https://www.alliedmarketresearch.com/request-sample/5384

2025年までにリーダーシップを維持するためのビデオゲームセグメント

製品に基づいて、セグメントはPC、カメラ、ビデオカメラ、ビデオゲーム、レコーダー、およびその他のホームアクセサリーに分かれています。ビデオゲームセグメントは、2017年の総市場シェアのほぼ3分の1を占め、2025年までにその優位性を維持すると予想されます。これは、ビデオゲームに対する若者の関与、さまざまなデバイスでのビデオゲームの容易な入手性によるものです。パソコン、タブレット、ラップトップとして。さらに、ゲームの容易な入手可能性と相まって、ビデオゲームハードウェアのコストの削減は、ビデオゲーム市場の需要を刺激すると予想されます。ただし、他のホームアクセサリーセグメントは、トレンドテクノロジーに投資する消費者の準備の増加と若い世代のスマートデバイスの使用の増加により、2018年から2025年にかけて6.7%の最速CAGRを予測すると推定されています。

予測期間を通じてその優位性を維持する専門店の実際のセグメント

分布に基づいて、セグメントはスーパーマーケットのリアル、専門店のリアル、メーカーのストア、eコマース会社などに分かれています。専門店は、2017年の総市場シェアの3分の1以上を占め、予測期間を通じてその優位性を維持します。これは、購入前に製品を分析および評価する消費者の好みによるものであり、それにより専門店によるホームアクセサリー市場の小売売上高を押し上げています。顧客は、店舗での電化製品の動作と、それらと互換性のあるアクセサリの種類を確認します。したがって、専門店は近い将来需要を獲得すると予想されます。ただし、eコマース企業セグメントは、デジタルテクノロジーの急速な採用と進化するショッピングのために、2018年から2025年の間に4.5%という最高のCAGRを登録すると推定されています。

購入に関するお問い合わせ:https://www.alliedmarketresearch.com/purchase-enquiry/5384

業界の第一人者

調査で分析された主要な市場プレーヤーには、オリンパスコーポレーション、ヒューレットパッカード(HP)、パナソニックコーポレーション(パナソニック)、デル、レノボグループリミテッド(Lenovo)、シャープコーポレーション(シャープ)、ソニーコーポレーション(ソニー)、サムスンエレクトロニクスCo、キヤノンが含まれます株式会社(ソニー)、ニコン株式会社。彼らは、合併と買収、パートナーシップ、コラボレーション、新製品の発売など、さまざまな戦略を採用して、業界で強力な地位を獲得しています。

Tags

Related Articles

Close