世界

日本経済を安定させるためのコロナのઆર્થિક3500億の経済パッケージ

ドイツでのコロナの48,640の新しい症例、191の死亡

日本はコロナの新しい波に対応するために37,000台のベッドを手配します:中国は企業に会議のキャンセルを命じます

アストラゼネカはもはやコロナワクチンを利益を上げて販売するのではなく、費用をかけて販売します

東京(ロイター)-日本経済がコロナの流行から回復するのを助けるために日本は40兆円(3350億5000万)を必要とするであろう、と日経ビジネスデイリーは報じた。 現在、世界第3位の経済大国は、原油価格の高騰から立ち直っています。

来年夏の参議院を前に、先月結成された岸田文雄首相は、多額の歳出を迫られる見通しだ。 パッケージの詳細は11月19日に発表されます。

政府は科学技術研究を加速するために大学に数十兆円の資金を提供する。

一方、日本政府は、コロナウイルスの新たな波に対応するために、病院に37,000床を追加する手配をしました。 日本の一人当たりの病床数は非常に多いですが、コロナ患者に割り当てられた病床は5分の1に過ぎません。

2日連続で、ドイツでは48,640件のコロナの新規症例が報告され、191人が死亡しました。 ロベルトコッホ研究所は人々にたくさん集まらないように忠告しました。 過去7日間で、コロナ感染率は10万人あたり263.7に低下しました。 ドイツでは、コロナが原因で合計97,389人が亡くなりました。

中国の首都北京にある企業も、45件のコロナウイルスの新規症例を受けて、会議をキャンセルし、ほとんどの活動をオンラインで実施するよう求められています。 中国はこれまでのところ、コロナの流行により世界中で500万人が死亡したと主張していますが、中国では5,000人だけがコロナで亡くなっています。

一方、台湾はコロナの全国的な警戒を11月29日まで延長した。しかし、来週の火曜日から、ナイトクラブ、ディスコ、アダルトエンターテインメント施設が条件付きでオープンすることが許可される、と厚生大臣のチェン・シシュン氏は語った。 従業員は、出勤してから2週間以内にコロナワクチンの初回接種を受ける必要があります。

一方、アストラゼネカの会社は、損失ではなく利益を上げることを目的として、コロナの流行でコロナワクチンを販売すると述べた。 同社は第3四半期の業績を発表し、新規受注により収益性が向上したと語った。 第4四半期の利益は、抗体カクテルの開発コストをカバーします。

英国とスウェーデンの製薬会社であるアストラゼネカは、これまでオックスフォード大学が開発したコロナワクチンを有料で供給していたと語った。 同社によれば、10億個のコロナワクチンの売上が第3四半期の売上高を50%押し上げたという。 今四半期の総売上高は89億8700万ドルに増加しました。 これは、今年のこれまでのところ、収益が32%増加したことを表しています。

Close