世界

米国国務長官の主張-武漢にある中国の研究室で作られたコロナウイルス

コロナウイルス

ポンピオ氏はインタビューでこう語った。

米国国務長官マイク・ポンペオ。 (ファイル写真)

ワシントン:中国(中国)武漢にある研究所から広まったコロナウイルスの話は世界中で議論されています。米国務長官のマイクポンピオは、コロナウイルスは武漢研究所自体で作られると主張しています。彼は政府もこれの証拠を持っていると主張します。米国外相は水曜日にトランプ政府が非常に多くの情報を持っていると言った。そのため、致命的なコロナウイルスは中国の武漢の研究室で作られたと彼らは信じています。

ポンピオ氏はインタビューでこう語った。私はそれについては言えませんが、私たちはこれで確信しているほど多くの情報を持っています。 。彼は言った、「私たちはこれの底に着くべきです、それが私たちが過去数ヶ月間、西側諸国がこれについての情報を提供すべきだと言っている理由です。」

その後、ポンペオは言った、「ここで起こったことは起こらないはずだった。それは中国の武漢に由来することを知っています。中国は少なくとも12月までにこのことを認識していたが、すぐに行動を起こさなかったことを知っている。

また読む-国は数十億単位の電力を節約しましたが、あなたの家ではどれだけ節約できますか?

彼は言った、「今、私たちはこの情報に取り組む必要があるだけでなく、流行を減らし、次にそれが起こらないかどうかにも取り組むべきです。」

世界保健機関の訴訟について、ポンピオは「WHOが再び失敗することは許されない」と述べた。彼は、組織がその仕事を怠った場合、アメリカはその一部にならないと述べた

アメリカのコロナウイルスでは70 12ラーク人が感染していることが判明している間に以上が死亡した

LIVE TV

Related Articles

Close