ビジネス

自動車用エアフィルター市場-将来のシナリオ、重要な洞察、トップ企業2026

自動車用エアフィルター市場:グローバル産業分析と機会評価、2016年から2026年

自動車のエアフィルター 花粉、ほこり、バクテリア、カビなどの固形粒子を吸入空気から除去する繊維状物質で構成された装置です。化学タイプのエアフィルターは、オゾンや揮発性有機化合物などの分子汚染物質を除去するための触媒または吸収剤で構成されています。エアフィルターは、空気の質が非常に重要な用途、特に建物の換気システムや車両のエンジンで使用されています。キャビンの自動車用エアフィルターは、車の客室の外部からの吸気口に配置された紙張りのフィルターです。自動車用エアフィルターの中には、長方形または燃焼用エアフィルターと同様の形状のものもあれば、外気取り入れ口の利用可能なスペースに合うように独特の形状のものもあります。換気システムを掃除するために使い捨てエアフィルターを提供した最初の自動車メーカーはナッシュモーターズでした。燃焼式自動車用エアフィルターは、粒子状物質がエンジンのシリンダーに入るのを制限し、オイル汚染や機械的摩耗を引き起こす可能性があります。今日、燃料噴射式車両は、フラットパネル形式の紙プリーツフィルターエレメントを使用しています。これらのフィルターは、スロットルボディに接続されたプラスチックの箱に入れられます。スロットルボディまたはキャブレター燃料噴射システムを使用する古い車両は、数インチで6〜16インチのシリンダーエアフィルターを使用します。

世界の自動車用エアフィルター市場:
推進要因と抑制成長を続ける自動車市場、特に自動車市場は、世界の自動車用エアフィルター市場、特に自動車市場によるキャビンフィルター市場の成長の主な推進要因です。また、自動車の消費者は、浄化された空気のためのエアフィルターの重要性に気づき、客室内の空気の汚れから隔離された状態を保ち、キャビンのエアフィルターのアフターマーケットが急成長しています。
しかし、電気自動車市場の繁栄により、内燃機関のインテークマニホールドで特に必要とされるインテークエアフィルターの成長が制限されています。したがって、それは世界の自動車用エアフィルター市場の成長を鈍化させる可能性があります。

無料のレポートサンプルをリクエスト@ http://www.futuremarketinsights.com/reports/sample/rep-gb-1684

世界の自動車用エアフィルター市場:セグメンテーション

タイプに基づいて、自動車用エアフィルター市場は次のように分割できます。

  • キャビンエアフィルター
  • 吸気フィルター

濾材に基づいて、自動車用エアフィルター市場は次のように分割できます。

  • 合成
  • セルロース
  • 活性炭
  • 粒子

世界の自動車用エアフィルター市場:地域ごとの見通し
世界の自動車用エアフィルター市場は、北米、ラテンアメリカ、西ヨーロッパ、東ヨーロッパ、アジア太平洋、日本、中東、アフリカの7つの地域に分けることができます。ヨーロッパは、この地域で自動車市場が増え続けているため、世界の自動車用エアフィルター市場で支配的な地域です。アジア太平洋地域は、マルチ、ヒーロー、その他の企業などの自動車大手により、自動車用エアフィルター市場で2番目に大きな貢献者です。ゼネラルモーターズ、フォードなどの企業は、世界の自動車市場に多大な貢献をしており、北米は世界の自動車用エアフィルター市場でかなりのプレーヤーとなっています。日本は自動車市場において技術的に進んだ国であるため、自動車用エアフィルターの技術はこの国では非常に一般的です。ラテンアメリカ、中東、アフリカは自動車用エアフィルター市場の初期段階にありますが、予測期間には適度なCAGRが見込まれます。

TOC @のリクエストhttp://www.futuremarketinsights.com/toc/rep-gb-1684

世界の自動車用エアフィルター市場:主要プレーヤー世界の自動車用エアフィルター市場の主要プレーヤーの
一部は次のとおりです。

  • MANN + HUMMEL
  • ドナルドソンカンパニーインク
  • 日本ガイシ株式会社
  • Sogefi SpA
  • マーレインターナショナルGmbH
  • C&Rファブメディアプライベートリミテッド
  • Melkev Machinery Impex
  • グローバルフィルター
  • シンプレックスコーポレーション

Future Market Insights(FMI)について

Future Market Insights(FMI)は、市場インテリジェンスおよびコンサルティングサービスの大手プロバイダーであり、150か国以上のクライアントにサービスを提供しています。FMIはドバイに本社を置き、英国、米国、インドに配送センターを持っています。FMIの最新の市場調査レポートと業界分析は、激しい競争の中で企業が課題を乗り越え、自信を持って明確に重要な意思決定を行うのに役立ちます。カスタマイズおよびシンジケート化された市場調査レポートは、持続可能な成長を促進する実用的な洞察を提供します。FMIの専門家主導のアナリストのチームは、幅広い業界の新たなトレンドやイベントを継続的に追跡し、クライアントが消費者の進化するニーズに確実に対応できるようにします。

Close