世界

英国での制限を延長する発表の中での封鎖とワクチン反対の抗議

ヨーロッパでの感染率が低下するにつれて、コロナの制限が解除され始めました

中国は台湾人に中国のワクチンを接種するよう促した

ロンドン:英国のボリス・ジョンソン首相は、封鎖が6月21日ではなく7月19日に終了することを発表しました。

一方、封鎖反対派とワクチン反対派は、封鎖が8月に延長されることを恐れて、マスクを着用せずに政府の提案された決定に抗議するためにダウニング街10番地の首相官邸に集まった。

抗議者たちは、メディアはウイルスだと言って、マスクの着用をやめてテストを行うよう要求した。 一方、科学者や保健当局は、冠状動脈疾患を取り除くためのプログラムの延期を求め、より多くの予防接種を求めました。

一方、菅義偉首相は、米国のジョー・バイデン大統領や他のG7首脳がオリンピックを安全に開催することを支持している。 コロの流行にもかかわらず、オリンピックは5週間以内に日本で開催されます。 G7諸国は、オリンピックを主催するための日本への支持を改めて表明した声明を発表した。

一方、中国は台湾人に非常に効果的な中国のコロナワクチンを接種するよう促し、中国のワクチンへの障害を取り除いた。 中国は台湾をその領土と見なし、コロナワクチンの接種を繰り返し試みています。

台湾はコロナの流行と闘ってきましたが、中国のコロナワクチンの安全性に疑問があるため、ワクチンを承認していません。 中国では5月31日までに約62,000人の台湾人がコロナワクチンを接種されました。

英国でのコロナ制限の撤廃は1か月遅れましたが、フランス、ドイツ、イタリアでの感染率が低下しているため、ヨーロッパではコロナ制限が解除され始めています。 フランスで第3フェーズが許可されている場合、イタリアのすべての地域は6月末までに危険性が低いと宣言されます。

Close