ビジネス

通信セクターの進歩と5Gテクノロジーの採用がニオブ酸リチウム変調器市場の成長に重要な投資機会を提供する方法

ニオブ酸リチウムは、酸素、リチウム、ニオブで構成される独自の光学特性を備えた、化学的に挿入された硬い結晶性材料です。ニオブ酸リチウム変調器は、光ビームを変調するための電気光学効果を示す信号制御素子を使用する電気光学デバイスです。これらの変調器の背後にある基本的な知識は、振幅、位相、位置、周波数などの材料の電気光学特性を変更することです。リチウム変調器は、光学計算、デジタルおよびアナログ信号処理および通信で使用するために開発されました。

通信セクターの進歩と5Gテクノロジーの採用により、ニオブ酸リチウム変調器市場の成長に重要な投資機会がどのようにもたらされるかを確認してください@ https://www.researchdive.com/purchase-enquiry/42

ニオブ酸リチウム変調器市場のアプリケーション

  • フェーズキー光通信
  • コヒーレント通信リンク
  • スペクトル拡大
  • 干渉センシング
  • 量子鍵配送
  • その他

COVID-19がニオブ酸リチウム変調器市場に与える影響を確認してくださいhttps://www.researchdive.com/connect-to-analyst/42でアナリストと話すには、ここをクリックしてください

タイプによるニオブ酸リチウム変調器市場セグメンテーション

  • 10 GHz
  • 20 GHz
  • 40 GHz
  • その他

ニオブ酸リチウム変調器は、高速電気伝送を光信号機などのコンピューティング機器で光信号に変換してから、光ファイバー経由で伝送します。強度と高い変動率により、これらの製品は他の相補型金属酸化膜半導体よりも非常に適しています。光ファイバは主にニオブ酸リチウム変調器を信号変調に使用するため、他の製品よりも好まれます。

ニオブ酸リチウム変調器市場の波長ウィンドウ

  • 800 NM
  • 1060 NM
  • 1300 NM
  • 1550 NM
  • その他

市場の成長に影響を与える要因

テレコム、CATV、構内、センサーなどのさまざまな最終用途アプリケーションでの光ファイバーの採用の拡大は、主に予測期間中のニオブ酸リチウム変調器市場の成長を牽引しています。 
これらに加えて、通信セクターの銅線は、高いセキュリティ、帯域幅、長距離信号の伝送、電磁干渉への耐性などの電気伝送に関連する豊富な利点により、光ファイバーに取って代わられています。 

アジア太平洋地域は、今後数年にわたって市場の投資家が成長する巨大な機会を持っています@ https://www.researchdive.com/download-sample/42

最終用途に基づいて、ニオブ酸リチウム変調器市場

  • ITおよびテレコム
  • 航空宇宙および防衛
  • 工業用
  • 研究
  • その他

ニオブ酸リチウムは、ニオブ、リチウム、および酸素から作られた作製された要素です。主に光学機器、光変調器、光導波路、圧電センサー、携帯電話に使用されています。ニオブ酸リチウム変調器は、現代の電気通信で使用される最も重要なコンポーネントの1つと考えられています。 

通信セクター

5Gテクノロジーの採用など、通信セクターの進歩には、信号のドロップやその他の問題を回避するために、より効率的な変調器が必要になります。この製品は、高波長、より良い到達距離、安全な通信機能などの特性により、今後のテクノロジーに最適です。これらのプロパティは、今後数年間でメーカーに十分な機会を提供し、現在の販売を強化するのに役立ちます。

主要企業のプロファイル

  • iXblueグループ
  • Gooch&Housego plc
  • 富士通オプティカルコンポーネンツ株式会社
  • ソーラブス
  • 北京Panwoo Integrated ptoelectronic Inc.
  • ファブリネット株式会社
  • Lumentum Operations LLC
  • EOSPACE、Inc.

完全なレポート(TOC、図、グラフなど)にアクセスする @ https://www.researchdive.com/42/lithium-niobate-modulator-market

ニオブ酸リチウム変調器業界は、通信とワイヤレスコンピューティングネットワークの急速な変化により、転換を経験しています。レーダー探知システム、衛星通信、および無線通信は急速に変化しており、開発途上国および先進国では質的および量的変化をもたらしています。10 GHzは、レーダー検出システム、特に未知の航空機、船舶、天候構成、ミサイルの検出において急速に成長しており、衛星通信では、これらの変調器が受信機と送信機の間の通信を作成します。これらの通信衛星は、電話、インターネット、テレビに使用されています。彼らの要求を満たすために、製造業者は技術開発と、ニオブ酸リチウム変調器を製造する費用効果の高い方法の導入に集中しています。

IT&テレコム

IT&Telecomは、ニオブ酸リチウム変調器のグローバル市場のバックボーンであると考えられています。IT&テレコム業界のほとんどは、通信目的の主要デバイスとしてニオブ酸リチウム変調器を使用しています。ニオブ酸リチウム変調器は、通信システムに最小限のコストで高性能を提供します。

航空宇宙および防衛

航空宇宙および防衛も、これらの変調器の助けを借りて、ニオブ酸リチウム変調器の主要なユーザーであると考えられています。量子鍵配送を利用して、機密性の高いデータを利用可能な高周波無線チャネルに転送します。

産業部門

ニオブ酸リチウム変調器は、産業部門で大規模に使用されています。ニオブ酸リチウム変調器は、フォトニックベースの圧力測定と圧力の伝送技術に応じて、測定された流量データを光ファイバーを介して伝送できます。

最近の進展

製品開発と買収は、世界または地域の市場での地位を維持するために業界の参加者が選択した主要な戦略の一部です。Research Diveによる最近の  レポート  ニオブ酸リチウム変調器の世界市場におけるトッププレーヤーは、富士通オプティカルコンポーネント株式会社、iXblueグループ、THORLABS、Gooch&House plc、Beijing Panwoo Integrated Optoelectronic Inc.、Fabrinet Inc.、Lummentum Operations LLC、EOSPACE Inc.などです。これらのメーカーは主に、グローバル市場での企業の地位を高めるために、新技術、合併、買収、新製品の発売、地理的拡大などの戦略のいくつかに焦点を当てています。2019年9月、iXblue PHOTONICSは米国海軍向けの新しいナビゲーションシステム「統合型橋梁およびナビゲーションシステム(IBNS)」を設置しました。この高度なシステムは、海上での船舶の航行、水中イメージング、および位置決めにおいて革新的なソリューションを提供します。

私たちに関しては:
Research Diveは、インドのプネーを拠点とする市場調査会社です。サービスの完全性と信頼性を維持しながら、同社は、包括的かつ正確な分析を保証する360度の調査方法によって強制される、独自のデータモデルのみに基づいたサービスを提供します。いくつかの有料データリソース、専門家の研究チーム、厳格な労働倫理への前例のないアクセスにより、同社は非常に正確で信頼性の高い洞察を提供しています。リサーチダイブは、関連するニュースリリース、政府の出版物、数十年に及ぶ貿易データ、テクニカル&ホワイトペーパーを精査して、必要なサービスを必要な時間内にクライアントに提供します。その専門知識は、ニッチ市場の調査、主要な推進要因のターゲット設定、および脅威となる障害の発見に重点を置いています。補足的に、

お問い合わせ:
Mr. Abhishek Paliwal
Research Dive
30 Wall St. 8th Floor、New York
NY 10005(P)
+ 91(788)802-9103(India)
+1(917)444-1262(US)
フリーダイヤル:+1 -888-961-4454
Eメール:support@researchdive.com
LinkedIn:https : //www.linkedin.com/company/research-dive/
Twitter
:https: //twitter.com/ResearchDive Facebook:https:// www.facebook.com/Research-Dive-1385542314927521
ブログ:https: //www.researchdive.com/blog
フォローする:https : //marketinsightinformation.blogspot.com/

Tags

Related Articles

Close