ビジネス国際科学&テクノロジー

進化するエネルギーエコシステム:スマートグリッドからスマートエネルギーへ

2027年までのスマートエネルギー市場-製品別のグローバル分析と予測(スマートメーター、スマートライトニング、スマートグリッド); エンドユーザー(住宅および非住宅); インストールタイプ(新規インストール、およびレトロフィットインストール)

スマートエネルギーとは、テクノロジー対応の製品やサービスを使用して、リソースを効果的かつ持続的に利用することです。エネルギー効率の良い都市の推進に向けてガバナンスを改善するためのスマートシティの概念とエネルギー慣行の人気の高まりは、過去数年で特に先進国の間で大きな牽引力を獲得しました。さらに、二酸化炭素排出量の削減、エネルギー消費の最適化、スマートIoT(モノのインターネット)対応製品およびソリューションの採用による環境に優しい操作に対する政府および州レベルの当局による強調の高まりも、市場の需要に拍車をかけることが期待されています今後数年間でスマートエネルギー関連の製品とサービスを提供しています。その結果、スマートエネルギーとは、電力、ガス、水道用のスマートメーター、グリッドコンポーネント、エネルギー最適化のための実用的な洞察を監視し、その後提供するソフトウェアなど、さまざまな製品とサービスの利用を指します。

PDF形式のパンフレットをダウンロード@ https://www.theinsightpartners.com/sample/TIPRE00003036/

このレポートは、企業のプロファイル、

General Electric(GE)Company、ABB Ltd.、Siemens AG、Honeywell International Inc.、Schneider Electric、Aclara Technologies LLC、Landis + GYR(Toshiba Corporation)、Eaton、Huawei Technologies Co. Ltd.、DEXMAなどです。

「2027年までのグローバルスマートエネルギー市場分析」は、グローバルなスマートエネルギー市場の動向に焦点を当てたスマートエネルギー産業の専門的かつ詳細な研究です。このレポートの目的は、エンドユーザー、設置タイプ、製品、地域ごとに詳細な市場区分を行い、世界のスマートエネルギー市場の概要を提供することです。グローバルなスマートエネルギー市場は、予測期間中に高い成長を目撃する予定です。レポートは、主要な市場プレーヤーの市場状況に関する主要な統計を提供し、市場における主要な傾向と機会を提供します。

スマートエネルギー市場レポートは、それぞれ40%と60%に分類できる定性分析と定量分析を組み合わせています。予測と市場予測は、2018年から2027年までのグローバル市場レポートに示されており、2018年が基準年であり、2018年から2027年までの予測期間です。全体の推定値は、セクターおよびエリアごとに分類されます。北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカ、南アメリカなど、言及した地域の主要な16か国をカバーしています。地理分析の定性的内容は、各地域および国の市場動向を対象とします。これには、関係する地域/国で活動する主要な主体、政治的要因、経済的、社会的および技術的要因を含む各地域のPEST分析が含まれます。業界。市場。

クエリがありますか? でお問い合わせください:https://www.theinsightpartners.com/inquiry/TIPRE00003036/

私たちに関しては:
Insight Partnersは、BIリサーチサービスの大手プロバイダーです。弊社の調査サービスとアドバイスを通じて、お客様が調査ニーズに対する解決策を見つけるのを支援します。私たちは技術、半導体、健康、製造、自動車、防衛の専門家です。

お問い合わせ:
電話:+ 1-646-491-9876
メール:sales@theinsightpartners.com

Tags
Close