世界

金持ちの居間のホームレス

3年前に写真家のJana Sophia Nolleがサンフランシスコに引っ越したとき、彼女は多くの人々に会いました。数百万ドルの家屋には、ビクトリア時代の建築物とおしゃれな家具がありました。他の人は段ボール箱に住んでいた。サンフランシスコは世界で1人あたり最も高い密度の億万長者を誇っていますが、ベイエリアは国の3番目に大きいホームレスを経験している人々の人口。政府はその3分の1しか保護していません。

「アメリカほど裕福な国の路上でこんなに多くの人が住んでいるのを見たことがありませんでした」 Nolleは言います。 「私はショックを受けました。」

それで、彼女が知っている家のない男が冗談めかして、彼女を裕福な友人の家に招待するよう提案したとき、それはアイデアを引き起こしました:代わりに、彼女はそこに彼のテントを投げましたか?この挑発的なビジョンは彼女のシリーズリビングルームに影響を与え、真っ白なスタイルの中で貧しい人々の粗末なDIYシェルターを撮影するための探求にノレを送りました金持ちのパーラー。 「彼らは所属していない部屋のインプラントです」と彼女は言います。

写真:Jana Sophia Nolle

箱と新聞で作られたパッチワークは、サウスオブマーケット、ポトレロヒルなどの近所を自転車で走るのを見たシェルターの複製です、およびミッション。多くは、車輪を取り付けたベニヤ板のベースを含んでおり、それらを解体するのが好きな都市労働者から転がすことができます。ノーレは、刑務所を出た、失業した、病気になった後、路上で数ヶ月から20年住んでいた所有者と何時間もチャットをしました。構造の参照スケッチを描いて、類似の資料がどこにあるかを彼女に伝えた人もいました。彼女は金物店でロープと防水シートを購入し、U-Haulのような場所に余分な箱があるかどうかを尋ね、空きがある家から買い物用カートを借りました。ノーレは、1人の女性のジャスティンビーバーブランケットのような何かを見つけることができなかったとき、オリジナルと新しいアイテムを交換しました。コールバレー、プレシディオ。彼女は当時の彼氏の家族を通じて、自分の友人を推薦してくれた住宅所有者に会いました。地元の財団の理事会メンバーの1人は、交響楽団、募金活動、その他の慈善イベントに招待して、潜在的な参加者に会いました。コーヒーや紅茶を使ったプロジェクトについて説明した後、プライバシーやナンキンムシの心配を挙げて、一部は断りました。他の人は金持ちではないと主張しました。 「彼らは「私はもっと上流階級だ」と言うだろうが、私の観点からは間違いなく上流階級に入れるだろう」とノレは言う。

、素材に入れて、コダックポートラ400フィルムで撮影しました。ノーレにとって、プロジェクトの核心は富と不平等についての豊かな会話を刺激することでした。ある家族は子供たちも関与しました。両親は、「子どもたちが自分たちがどれほど特権的であるかを本当に気づいているとは思わない。これは、それについて本当の会話をするのに最適な方法だ」と語った。

もっと素晴らしいWIREDストーリー

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close