世界

首相を含む政治家によって集められた群衆はまた、インドのコロナ爆発に責任があります:WHO

-インドの第2波にも関与する新しい亜種:Soumya Swaminathan

ニューデリーの日付。 2021年5月10日月曜日

インドは現在、コロナウイルスの別の致命的な波を経験しています。 インドのコロナの第2波は、停電を引き起こしました。 政治的集会と宗教的集会は、インドでのコロナウイルスの第2波の蔓延のせいにされています。 有名なランセットジャーナルも数日前にこれを言った。 現在、世界保健機関(WHO)は、インドでの第2波について、宗教集会、政治集会、および人々の過失を非難しています。

これに伴い、WHOは、インドでのコロナの発生の背後にある重要な理由の1つは、より伝染性が高く致命的なコロナウイルスの新しい亜種であると述べています。 また、ワクチン接種のペースが遅いことが原因です。 WHOのトップ科学者であるSoumyaSwaminathaは、今日のインドでのコロナの流行状況は、コロナの亜種が非常に急速に蔓延していることを示していると警告しています。 コロナの発生を防ぐ唯一の方法は、予防接種キャンペーンをスピードアップすることです。

インドのコロナ噴火の原因

インドの小児科医であり、世界保健機関のトップ科学者であるスワミナサン博士は、コロナB.1.215の新しい亜種が10月にインドで発見されたと述べました。 コロナ噴火の最大の原因です。 この新しい亜種は、毎日国内の何百万もの人々を捕食しており、致命的であることが証明されています。 インドで見つかったこの新しい変異体は非常に危険であり、体内での抗体の産生を妨げ、古い変異体よりもはるかに速く変異します。 人々の過失もコロナの蔓延の原因です。

コロナの第2波はより破壊的です

インドのコロナの第2波は、より破壊的になりつつあります。 その結果、国内でのコロナによる死亡と新たな症例は過去最高を記録しています。 中央政府は、国内でのコロナの第2波の発生に責任があります。 彼は繰り返される警告を無視した。 アメリカの医学雑誌TheLancetの社説によると、ICMRサーベイランスは、国の人口の21%だけがコロナにさらされていることを示しましたが、中央政府はインドが「コロナを打ち負かした」と宣言しました。 ICMRはまた、センターはインドのコロナの悪化に対する責任を受け入れるべきであると述べた。

第二波を広めたことで中央政府を非難する

アメリカの医学雑誌ランセットは、インドでコロナの第二波を広めたとして中央政府を非難しました。 医学雑誌によると、コロの流行にもかかわらず、中央政府は国内での大規模な宗教的およびクンブ・メーラのような集会と5つの州選挙での大衆集会を許可した。 さらに、インドの予防接種プログラムは減速しています。 インド医学研究評議会(ICMR)の調査によると、国の人口の21%だけがウイルスにさらされていましたが、政府はインドがコロナを打ち負かしたという印象を与えました。

Close