世界

2016年には、政府関係者を含む1,200人のユーザーが標的にされました

ワシントン、Dt

メッセージングアプリWhatsAppのCEOであるWillCathcartは、2012年にNSOグループのスパイウェアPegasusから世界中の政府によって攻撃された1,200人のWhatsAppユーザーには、国家安全保障の上級職員が含まれていると述べています。 WhatsAppのCEOであるWillCathcartは、ペガサスプロジェクトで50,000人以上がスパイされたことが明らかになった後、今週、ペガサスソフトウェア攻撃の犠牲者に関する新しい詳細を発表しました。

WhatsAppのCEOであるCathcartは、2016年のWhatsAppユーザーへの攻撃と、ペガサスプロジェクトの中心にある漏洩データには類似点があると述べています。 NSOのスパイソフトウェアPegasusがWhatsAppユーザーを標的にしていたことが2014年に明らかになった後、同社はNSOに対して訴訟を起こしました。

WhatsAppが2年前にユーザーがNSOマルウェアに攻撃されたと発表したとき、メッセージングアプリは、1,200人のターゲットユーザーのうち約100人がジャーナリスト、人権活動家、活動家を含む市民社会から来たと述べました。 ユーザーへの攻撃は、メッセージングアプリのセキュリティ上の欠陥が原因でしたが、後で修正されました。

「私が最初に言いたいのは、この報告は私たちが2年前に打ち負かした攻撃に類似しており、私たちが言ったことは絶対に真実であることが証明されているということです」とキャスカート氏は語った。 彼はさらに、WhatsAppユーザーへの攻撃は、NSOグループが私たちのサービスを通じて人々の電話を標的にする試みであると述べました。 これは明らかに攻撃の試みであり、そのリストには、世界中のジャーナリスト、人権活動家、政府関係者などが含まれていました。

NSOグループは、ペガサス論争で5万人以上が標的にされたというメディアの報道を却下し、数字は誇張されていると述べた。 しかし、WhatsAppのCEOは、ペガサスの論争はインターネット携帯電話の安全性に関するすべての人々への警告のようなものだと述べました。 たった2週間で1,200人をターゲットにできれば、長期的にはその数はさらに増える可能性があります。 彼は、WhatsAppユーザーに対する攻撃について世界中の政府と話し合ったと述べました。 彼は、マルウェアの危険性について発言したことで、マイクロソフトやIT業界の他の企業を称賛しました。 彼はこの問題についてAppleに対して質問をした。

Close