ビジネス健康国際科学&テクノロジー

2027年までに高いCAGRを目撃する抗真菌薬市場

世界の抗真菌薬市場は2018年に10,182.3百万米ドルを占め、2019年から2027年の予測期間中に3.2%のCAGRで成長し、2027年までに13,524.2百万米ドルに達すると予想されています。

「抗真菌薬市場-機会と予測、2019〜2027」というタイトルのレポートが、Insight Partnersによって最近発行されました。このレポートは、世界中のエンドツーエンド市場のパイプライン構造を綿密に観察しています。業界に関連する財務比率に影響を与える現在の傾向、ドライバー、および抑制要因の詳細な分析を行います。ビジネスの主要ベンダーの企業プロファイルは、利害関係者の観点から収益性のある機会の包括的なイメージを構築します。

PDFサンプルコピーを取得します。https://www.theinsightpartners.com/sample/TIPRE00003745/

抗真菌薬市場で事業を展開している主要企業には、ファイザー社、サノフィSA、ギリアドサイエンス社、メルクアンドカンパニー、シネクシス社、ノバルティスインターナショナルAG、アボットラボラトリーズ、バイエルAG、グレンマークファーマシューティカル、 Glaxosmithkline Plc。市場は、市場におけるさまざまな有機的および無機的成長戦略を実施しており、市場での製品提供の強化を支援しています。

抗真菌薬の市場は、皮膚、爪、髪の真菌感染の発生率の増加、癌、HIV、院内感染の発生率の増加、および抗真菌性疾患と闘うための政府の取り組みなどの要因により大幅に成長すると予想されます抗真菌薬市場の成長を促進する可能性があります。ただし、真菌感染症に関する認識の欠如は、抗真菌薬市場の成長を制限する可能性があります。

表在性真菌感染セグメントは、感染タイプセグメント別の予測期間にわたって抗真菌薬の市場を牽引すると予想されます。

グローバルな抗真菌薬市場は、感染の種類、薬物の種類、治療の適応、および剤形によって区分されました。感染タイプに基づいて、市場は表在性真菌感染と全身性抗真菌感染として区分されています。薬剤の種類に基づいて、抗真菌薬市場はエキノカンジン、アゾール、ポリエン、アリルアミンなどに分割されています。治療適応に基づいて、抗真菌薬市場はアスペルギルス症、皮膚糸状菌症、カンジダ症などに分割されています。剤形ごとに、市場は薬物、軟膏、粉末などに区分されています。

包括的な目次付きの完全なレポートを購入@ https://www.theinsightpartners.com/buy/TIPRE00003745/

戦略的洞察

世界的な抗真菌薬業界では、有機および無機の成長戦略が観察されました。抗真菌薬の無機戦略と比較して実施された有機戦略。たとえば、2017年11月、Merck&Co.、Inc.は、米国食品医薬品局(FDA)がPREVYMIS(letermovir)を1日1回経口投与および点滴静注用の錠剤として使用することを承認したと宣言しました。このように、オーガニック戦略により、企業は市場でビジネスを成長させることができました。

私たちに関しては:
Insight Partnersは、実用的なインテリジェンスのワンストップ業界調査プロバイダーです。当社は、シンジケートおよびコンサルティング調査サービスを通じて、顧客が調査要件に対するソリューションを得られるよう支援します。私たちはテクノロジー、ヘルスケア、製造、自動車、防衛のスペシャリストです。

お問い合わせ:
電話:+ 1-646-491-9876
メール:sales@theinsightpartners.com
Web:https://www.theinsightpartners.com/

Tags
Close