世界

iPhoneメーカーのAppleは8,184億ドルの記録的な収益を上げています

iPhoneは総売上高に395億ポンドを貢献しています

ニューデリー:iPhoneメーカーのAppleは、6月の四半期末にインドとラテンアメリカの市場で過去最高の814億ドルを記録しました。 これは新記録だとCEOのティム・クックは語った。 2020年6月に終了した四半期末の同社の売上高は5,596億ドルでした。したがって、同社の売上高は昨年の同時期に比べて36%増加しました。 同社の2021年6月末の純利益は0.7217億ドルでしたが、2020年6月末の純利益は.217億ドルでした。

「この四半期は私たちにとって圧倒的でした」とクックは言いました。 インドを含むラテンアメリカやベトナムなどの新興市場で力強い成長が見られました。 これらの市場では、2桁の成長が見られました。

「6月の四半期には、メキシコ、ブラジル、チリ、トルコ、アラブ首長国連邦、ポーランド、チェコ共和国、インド、中国、タイ、マレーシア、ベトナム、カンボジア、インドネシアで記録的な成長が見られました」とクック氏は述べています。

米国は.8358億、ヨーロッパは18 189億、中国は.7 147億、日本は464億、アジア太平洋は353億を拠出しています。 同社はiPhoneの売上から合計39,395億の純売上を獲得した。 続いて、Mac、iPad、ウェアラブル、ホーム製品およびサービスが続きます。

プレミアムスマートフォン市場での同社の競争は、主にサムスンとワンプラスとの競争です。 同社の成長率は、Counterpointなどの調査会社の注目も集めています。 Counterpointによると、Appleは2020年10月から12月までのインドへの輸出で6位にランクされました。同社は、この期間のインドでの四半期成長率が171%、前年比成長率が93%であると報告しています。 同社は過去にも、オンラインに加えてインドにオフラインの小売店を設立することに関心を示してきました。

Close