世界

Share Nowは最新のカーシェアサービスです。

米国はもう1つのカーシェアサービスを失うところです。 Share Nowサービスを運営するダイムラーとBMWが所有する企業は、水曜日に同社の車が2月末までに北米の通りから消えると述べた2020。ニューヨーク、モントリオール、シアトル、ワシントンDC、バンクーバーの顧客にとって、それは残念です。ロンドン、ブリュッセル、イタリアのフィレンツェで短期レンタルを楽しんだ人にとっても、それは残念なことです。サービスもそこで止まります。は、輸送サービスが26で取った曲がりくねった道の象徴です。ダイムラーが20で設立したCar2Goは、スマートフォンを活用した「モビリティ」テクノロジーに関する楽観主義の瞬間に到着しました。 UberCabという会社が1年後にサンフランシスコで発芽するでしょう。自動車所有者の減少と急速な都市化の話の中で、自動車メーカーは次の大きなものに目を光らせていました。 Car2Goは、カーシェアリングの専門家が「ポイントツーポイント」共有と呼んでいるものの実験でした。同社は都市との取引を行い、顧客がダイムラー所有の車(超コンパクトな白と青のスマートカー)をほぼすべての街の通りに配置、ピックアップ、駐車できるようにしました。 。 (Zipcarのような一部の競合他社は、ユーザー専用の駐車場を持っています。)

最新のニュースが欲しい受信トレイでのカーシェアリングで? こちらからサインアップ

技術主導の実験の新しい世界への10年の2月に、ダイムラーとBMWは、今すぐ共有と呼ばれる1つのエンティティの下のモビリティサービス。 10月までに、同社は北米市場の半分から撤退すると発表したとき、ビジネスが問題を抱えていたことが明らかになりました。現在、Share Nowは世界で20未満の都市で運営されており、ドイツとイタリア。声明の中で、同社は「世界のモビリティ環境の不安定な状態」と「運用コストの上昇」の撤回を非難しました。

同社の撤退は、米国の輸送技術の移行期間を示しています。 、これは2008の場合とは大きく異なります。 UberCabは現在、収益性の高い四半期を探している公開会社であるUberです。 自転車共有プログラムは、スクーターと同様のものです。自動運転車はまだここにいません(あなたが1人の26人でなければWaymoの限定自動運転サービス(フェニックスのを使用)。個人の自動車は死亡していませんが、アナリストは今年の売り上げが減少すると予想しています。 Share NowのスポークスマンであるKendell Keltonは、サービスが失敗した1つの理由として「パーソナルカーの所有権」を挙げました。自動車メーカーは、新しい所有モデルをテストするよりも電動化に重点を置いているようです。 「これはモビリティの終わりでもカーシェアリングの終わりでもありませんが、リソースの再集中です。」

そして、企業がリソースに集中しようとする場合、カーシェアリングのような集中的なビジネスは難しい賭けです。荒れた街路で車両を維持するコストは高い、と今では都市コンサルティング会社CityFiのパートナーであるカーシェアサービスZipcarの元幹部であるGabe Kleinは言います。 (Share Nowは2017をより広々としたハイエンドに移行することで、さらに高くした可能性があると彼は指摘します。メルセデスベンツの車両は、スマートカーよりもモジュール性が低く、修理が困難です。そして、スクーターのスタートアップのように、カーシェア会社は地元の交通機関の職員と絡まなければなりません。

「カーシェアリングは非常に資本集約的です」スティーブバンフィールドは今年の責任者として辞任しました) BMWのShare Nowの前身であるReach Now、は秋にWIREDを語った。 「明らかに、大変なビジネスです。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close